XSLT

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル >

XSLT

Altova ウェブサイトAltovaWebLink XSLT エディター

 

このセクションでは以下のような構成で XSLT の説明を行ないます:

 

XSLT ドキュメントの編集:XMLSpy における XSLT ドキュメントの編集機能について説明します。
XSLT 処理:選択されたエンジンを使って XMLSpy GUI から XSLT 変換を行う方法について解説します。このセクションでは XMLSpy で行うことができる XSLT の設定についても説明されます。
XSL アウトライン:複数の XSL ファイルの閲覧、ナビゲーション、そして管理を行うのに便利な XSL アウトラインならびに XSL 情報ウィンドウについて説明します。

 

XPath の評価

XML ドキュメントがアクティブになっている際、XPathウィンドウ を使用することで、XPath 条件式の評価を行うことができます。この機能により、XPath 条件式が評価される様子を素早く確認することができます。XPath 条件式を入力すると、ドキュメントルートまたは XML ドキュメント内で選択されたコンテキストノードに相対的な評価が行われます。条件式評価の結果は、すぐに XPath ウィンドウにて表示されます。XPath ウィンドウの使用方法については、イントロダクション | XPath ウィンドウのセクションを参照ください。

 

XSLT デバッガーとプロファイラー

XMLSpy には XSLT プロファイラーならびに XSLT デバッガーが搭載されており、正確で効率のよい XSLT スタイルシートを素早く作成することができます。これらの機能は XSLT と XQuery セクションにて記述されます。

 

その他の XSLT 機能

このセクションで記述される様々な機能のより詳しい情報については、ユーザーリファレンスの関連するメニューコマンドを参照ください。

 

Altova XSLT エンジン

Altova XSLT 1.0、2.0 ならびに 3.0 エンジンについては付録XSLT と XQuery エンジンの情報を参照ください。

 

RaptorXML を使ったコマンドラインやバッチ処理

XMLSpy GUI のプロジェクト機能を使用して、バッチ処理を行うことができます。より柔軟性のある処理を求める場合は、速い XML 検証  XSLT 変換、 XQuery実行機能を搭載した Altova の RaptorXML 製品を使用してください。 をお使いください。コマンドラインやバッチ処理により XSLT 変換を行うのに RaptorXML は最適のツールです。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH