アップデートのプレビューと適用

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XQuery > XQuery Update Facility >

アップデートのプレビューと適用

XQuery Update を使用して、 XML ドキュメントを修正する場合、 XML ドキュメントに適用する前にプレビューして、変更されたドキュメントを保存することができます。

 

XPath/XQuery 出力ウィンドウ (下のスクリーンショット)内に  1 つまたは複数の アップデート式を入力することができます、そして下の ペインに表示された 保留中のアップデートリスト (PUL) 内でアップデートをプレビューすることができます (下のスクリーンショット参照)。 PUL が希望する状態の場合、ドキュメントのアップデートを適用し、変更されたドキュメントを保存することができます。 PUL に変更を付け加える場合は、変更を適用しない、または保存しないことを選択できます。

XQUpdatePUL01

アクティブな XML ファイルのためにPUL を作成するには、 次を行います:

 

1.XPath/XQuery 出力ウィンドウのツールバー から (上のスクリーンショット) XQU 1.0 または XQU 3.0 アイコン (それぞれ XQuery Update 1.0 または XQuery Update 3. 0 のため) に選択します。
2.1 つまたは複数の アップデート式をウィンドウの上のペインに入力します。アップデート式と構文の説明に関しては、操作と構文のアップデートのセクションを参照してください。
3.ツールバーの スキャンロケーションコンボボックスから、アップデートのためにスキャンされるロケーションを選択します:
ファイルを開く: XMLSpy で現在開かれているすべてのファイルがスキャンされます。
現在のファイル: 現在アクティブな ファイルのみがスキャンされます。 スキャンのために選択されたロケーションが現在のファイルの場合、 「XPath/入力中に XQuery 式の評価する」 ツールバーアイコンが有効化されます。
プロジェクト: 現在アクティブなプロジェクトがスキャンされます。
フォルダー: スキャンするフォルダーを選択することができます。
4.アップデート 式 を実行して、 PUL を表示するには、 「XPath/XQuery 式の評価」 ツールバーアイコンをクリックします。

 

XPath/XQuery 出力ウィンドウ ツールバー

以下の XPath/XQuery 出力ウィンドウ ツールバー コマンド (下のスクリーンショット内で赤枠の中) を使用することができます。

XQUpdateXPXQWinTbar

ヘッダーの表示は、アップデートロケーションのファイル名の表示の切り替えを行います。
完全な結果の表示は、ノードコンテンツ全体またはノードの属性のみの表示の切り替えを行います。
XPath/XQuery オリジンの設定は、アクティブなファイル内のカーソルロケーションを相対的な XPath 式のオリジンとして設定します。 式 は、このノードに対して相対的に評価されます。
手動でノードのロケーターパス式を入力するかわりに、 XMLSpy が入力を行うことができます。これは以下のように行います: (i)  XPath 式にロケーターパスを入力する箇所にカーソルをポイントします、 (ii) ターゲットするノードの開始タグ内にカーソルをポイントします、(iii) 式内にロケーターパスを入力するために、編集フィールドアイコン XPWinCreateXPFromSelLoc の現在の選択の XPath のコピーをクリックします。
XML の検証 ファイルは、 XML ファイル 検証の切り替えを行います。
入力中の XPath/XQuery 式の評価コマンドは、解析オプションが現在のファイルに設定されていると有効化されます。 コマンドがオンに切り替えられている場合、アップデート式が入力されている場合でも PUL は、生成されます。
XPath/XQuery 式の評価 コマンドは、アップデート式を評価し、 PUL を生成します。
ロケーションのスキャン コンボボックス オプションは、上で説明されています。

 

保留中のアップデートリスト (PUL) ペイン

PUL ペインは、実行されるすべてのアップデートを表示します。ヘッダーの表示オプションがウィンドウの ツールバー内で切り替えられている場合、ターゲットファイルのロケーションが表示されます。 PUL の表示は、3つの垂直のセクションに分割されています(下のスクリーンショット参照): (i) 実行するアップデート アクション、 (ii) ターゲットノードのコンテンツはアップデートされます。(iii) アップデートアクションの結果

XQUpdatePULTbar

次の PUL ペイン ツールバー コマンドを使用することができます:

 

次と前 アイコンは、 現在選択されているメッセージの次および前のメッセージをそれぞれ選択します。
ラインのコピー コマンド は、選択されたラインおよびすべてのラインをクリップボードにそれぞれコピーします。
検索 コマンドは、 PUL ペイン内のテキストを検索します。
クリア コマンドは、 PUL ペイン内のすべてのラインを削除します。
複数ラインの結果のおりたたみ コマンドは、複数のラインのアップデートアイテムを単一のラインに折りたたみます。
アップデートの適用 コマンドは、保留中の アップデートをターゲットの場所に適用します。アップデートする際に、アップデートは、ファイルに保存、または、アップデートされたファイルが表示されます (そして、手動で 保存されるかを決定することができます)。 次のオプションを参照してください。
アップデートファイル ディレクトリコンボボックスにより以下を選択することが許可されます (i) ファイルがダイアログを表示せずにディスクにアップデート、 または (ii) アップデートされたファイルが開かれそしてアクティブになるか。後者のオプション が選択された場合、 非-アクティブなターゲット ファイルはアクティブに設定されます。 変更された ドキュメントを保存または保存しないオプションがあります。

 

メモ:1 つまたは複数のファイルが直接ディスクにアップデートされた場合、変更されたファイルのリストが表示されます。リストの各ラインは、ファイルのロケーションおよびファイルへのクリックすることのできるリンクを表示します。

 


(C) 2018 Altova GmbH