ノードの挿入

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XQuery > XQuery Update Facility > Update オペレーションと構文 >

ノードの挿入

説明と構文

1つまたは複数のノードを指定されたターゲットノードの前、後、または内部に挿入する。

 

insert (node|nodes) items into targetNode

insert (node|nodes) items as first into targetNode

insert (node|nodes) items as last into targetNode

insert (node|nodes) items before targetNode

insert (node|nodes) items after targetNode

 

詳細

 

items 式は、アイテムのシーケンスを返さなければなりません。キーボード node|nodes が使用されていますが、 items は、非ノードアイテムのシーケンスである場合があります。
targetNode 式は、単一のターゲットノードを指す必要があります。
into キーボードが使用されていますが、 targetNode は要素ノードまたはドキュメント要素ノードである必要があります。
キーフレーズ as first または as last が使用されていますが、挿入は、最初または最後の子です。
キーワード into は単独で仕様され、属性は既存の属性に追加され、要素は最初の子として挿入されます。
キーワード before または after が使用されており、 targetNode はあらゆる型であることができます。
属性が挿入される場合、既存の属性の名前を重複してはなりません。

 

サンプル

 

for $i in /book/section return

insert nodes (attribute id { 'somevalue' }, <newelement>some content including the numbers "{ 1 to 3}"</newelement>

into $i

 


(C) 2018 Altova GmbH