XML ドキュメントの入力ヘルパー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML >

XML ドキュメントの入力ヘルパー

XML ドキュメントでは、3つの入力ヘルパーが用意されます:要素入力ヘルパー、属性入力ヘルパー、そしてエンティティ入力ヘルパーです。要素入力ヘルパーにより要素が追加された場合、オプションダイアログの編集タブで指定された設定に従い、必須の子要素や必須の属性、または全ての子要素を同時に自動的に追加する(または全く追加しない)ことができます。空の属性が追加された場合、引用句(")と共に追加されます。

 

他のビューでは入力ヘルパーの表示も、そのビューが持つ機能に合わせて変化することに注意してください。

 

要素入力ヘルパー

以下の点に留意してください:

 

テキストビュー :カーソルの挿入ポイントに要素は挿入されます。使用されていない要素は赤色で、使用されているものはグレーで表示されます。必須要素は感嘆符(!)が要素名の前に表示されます。
グリッドビュー :選択された要素の後に追加、前に挿入、または子要素として追加することができます。そのため追加することのできる要素は3つの異なるタブに表示されます。使用されていない要素は黒色で、使用された要素はグレーで表示されます。
Authentic ビュー :選択された要素の後、前、そして中に要素を挿入することができます。更に、ドキュメント内で現在選択されている要素がドキュメントのツリー構造にて表示されます。Authentic ビュー内での詳しい編集方法については、Authentic ビューの項を参照ください。

 

属性入力ヘルパー

以下の点に留意してください:

 

テキストビュー :カーソルが要素の開始タグ内にあるスペースの後にある場合、その要素に対して定義された属性が表示されます。使用されていない属性は赤色で、使用された属性はグレーで表示されます。必須属性は感嘆符(!)が属性名の前に表示されます。

eh_atts_text

目的の属性をダブルクリックすることで、属性を挿入することができます。カーソルの位置に属性が、等号記号(=)と引用句(")と共に挿入されます。カーソルは等号句の間に配置され、属性値を直ちに入力することができます。

 

グリッドビュー :要素が選択されているとき、子として追加することのできる属性が「子を追加」タブに表示されます。属性が選択されたときには、使用可能な属性が「追加」ならびに 「挿入」 タブに表示されます。使用されていない属性は黒色で、使用された属性はグレーで表示されます。
Authentic ビュー :要素が選択されているとき、その要素に対して宣言されている属性が表示されます。入力ヘルパーにて属性の値を入力してください。

 

エンティティ入力ヘルパー

インライン(XML ドキュメント内)または外部 DTD で宣言されたエンティティはエンティティ入力ヘルパーに表示されます。3つのビュー(テキスト、グリッド、Authentic)にて、入力ヘルパー内のエンティティをダブルクリックすることで、そのエンティティがカーソル位置に挿入されます。グリッドビューでは、エンティティは追加、挿入、子を追加タブに表示されます。

 

内部エンティティを追加した場合、そのドキュメントを保存して再度開かないと、エンティティはエンティティ入力ヘルパーに表示されません。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH