テキストビューでの XML 編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML >

テキストビューでの XML 編集

XMLSpy のテキストビューでは、編集ビューセクションのテキストビューにて記述されている一般的に使用可能な編集機能と共に、XML に特化したテキスト編集機能を利用することができます。

 

テキストのコメントアウトやアンコメント
XML 文字のエスケープとエスケープ解除
ファイルパスの挿入
XInclude による XMLフラグメントの挿入
XPath ならびに XPointer 表現をクリップボードにコピー

 

テキストのコメントアウトとアンコメント

XML のコメント開始ならびにコメント終了文字列である <!----> を使用して、XML ドキュメント内のテキストをコメントアウトすることができます。XMLSpy では 「編集 | コメントの IN/OUT」 メニューコマンドを使用することで、これらのコメント文字列を簡単に挿入することができます。

 

コメントアウトしたいテキストを選択して、「編集」 メニューまたは選択したテキストを右クリックして表示されるコンテキストメニューにある 「コメントの IN/OUT」 を選択することで、テキストのブロックをコメントアウトすることができます。コメントアウトされたテキストはグレーで表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

commentout

コメントの区切り文字を除いてコメントアウトされたブロックを選択し、「編集」 メニューまたは選択したテキストを右クリックして表示されるコンテキストメニューにある 「コメントの IN/OUT」 を選択することで、コメントアウトされたテキストをアンコメントすることができます。コメントの区切り文字が取り除かれ、テキストが元の色に戻ります。

 

空の行に対する注意

XML ドキュメントにおいて、空の行はビューの変更またはドキュメントの保存時に破棄されます。空の行を保持したいのであれば、コメント内に記述してください。

 

XML 文字のエスケープやエスケープの解除

(以下のテーブルに示される)XML で使用される5個の特殊な文字を、対応するエンティティ参照にエスケープ、またはエスケープの解除を行うことができます。テキストのブロックをハイライトして、「XML 文字のエスケープ」 または 「XML 文字のエスケープ解除」 コマンドをコンテキストメニューから選択します。選択されたコマンドに従い、そのテキストブロック内にある XML 特殊文字がエスケープ、またはエスケープ解除されます。

 

<

&lt;

>

&gt;

&

&amp;

'

&apos;

"

&quot;

 

例:

 

<a></a> という文字列に対して 「XML 文字のエスケープ」 コマンドを適用すると、 &lt;a&gt;&lt;/a&gt; という文字列への変換が行われ、

&lt;a&gt;&lt;/a&gt; という文字列に対して 「XML 文字のエスケープ解除」 コマンドを適用することで、文字列が <a></a> に変換されます。

 

ファイルパスの挿入

編集 | ファイルパスを挿入コマンドにより、目的のファイルを参照し、そのファイルパスを XML ドキュメント内で選択されている場所に挿入することができます。このコマンドによりファイルパスを素早く正確に入力することができます。詳細についてはコマンドの記述を参照ください。

 

XInclude により XML フラグメントを挿入

編集 | XInclude を挿入により、XInclude により XML ドキュメント全体のコンテンツまたはフラグメントを編集中の XML ドキュメントに挿入することができます。

このコマンドにより、XML ドキュメント全体、または XML ドキュメントのフラグメントを(XInclude メカニズムの XPointer 拡張を介して)素早く正確に入力することができます。詳細については、 コマンドの記述を参照ください。

 

XPath ならびに XPointer 表現をクリップボードにコピー

「編集 | XPath をコピー」 および 「編集 | XPointer をコピー」を使うことで、選択されているノードの XPath と XPointer 表現をそれぞれクリップボードにコピーすることができます(ノードの識別は XML ドキュメント内の位置により行われます)。これにより目的とするノードの正確な XPath ならびに XPointer 表現を取得することができます。

 

例えば、Offices というドキュメント要素以下にある3番目の Office 要素がテキストビューまたはグリッドビューにて選択されている場合を考えてみましょう。この場合 /Offices/Ofice[3] という XPath 条件式がコピーされます。3番目の Office 要素の前に、別の名前の兄弟要素が出現しない場合、element(/1/3) という XPointer がコピーされます。

 

コピーされた条件式をは任意の場所に挿入することができます。例えば、XPath 条件式を XSLT スタイルシートへ挿入し、XPointer 条件式を xinclude 要素の href 属性内に挿入することができます。

 

コマンドのより詳細な情報については、ユーザーリファレンス内の対応する項を参照ください。

 


(C) 2019 Altova GmbH