グリッドビューでの XML 編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML >

グリッドビューでの XML 編集

グリッドビューには XML ドキュメントが階層構造で表示され、ネストされているコンテナーは展開/縮退することができます。グリッドビューによりドキュメントの構造を確認することができ、ドキュメントの構造やコンテナーを簡単に編集することができます。

ref_p93a

上のスクリーンショットでドキュメントが階層的に表示されていることに注目してください。ノードにコンテンツが収められている場合、名前とコンテンツの 2 つのフィールドに分割、表示されます。名前は太字で表示され、ノードコンテンツは標準の書体で表示されます。

 

テーブルとして表示

要素内で複数のインスタンスが繰り返し現れるような場合、標準のグリッドビューでは各インスタンスがドキュメント内の順序に従い 1 つずつ表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

GridVieNormal

このような複数のインスタンスが出現するような構造は(以下のスクリーンショットの様に)テーブルとして表示することもできます。各インスタンスの子要素が列として、複数のインスタンスが行として表示されます。

GridViewTable

テーブルビューによりユニークで高度な編集機能が提供され、テーブル内にある行ならびに列を他の列や行と連動する形で操作することができます。これにより、インスタンスの子要素内にある値を元にデータの並べ替えを行ったりすることができるようになります。上のスクリーンショットの例では、Last 子要素に格納されている値を元に、6つある Person 要素を、マウスを使った操作により並べ替えることができます。このような操作により、通常 XML ノードセットの並び替えに使われる XSLT による変換と比較して、とてもシンプルに目的を達成することができます。

 

ドキュメントの構造を編集

グリッドビューでは、XML ドキュメント構造をグラフィカルに編集することができます。例えば、ドキュメント構造の各構造セグメントを展開/縮退し、ノードの挿入、追加、削除、ノードをドラッグアンドドロップすることで位置を変更し、ノードの型を変換といった操作を行うことができます。

 

「XML」 メニューにより空の子ノードを挿入、追加することができます。例えば、ドキュメント内の要素を選択して子を追加するメニューオプションから空の子要素を追加することができます。新しく追加されたノードの適当なフィールドをダブルクリックすることで、要素の名前とコンテンツを入力することができます。

 

「要素」 ならびに 「属性入力ヘルパー」 により、選択されている場所で許されている子ノードの挿入、追加を行うことができます。例えば、メインウィンドウにてノードを選択すると、その場で

挿入、追加してもドキュメントの妥当性を損なわない要素ならびに属性ノードが、要素、そして属性入力ヘルパーにそれぞれ表示されます。

 

選択されたノードに対して使用することのできるコマンドは、XML メニューならびに入力ヘルパーの他にもコンテキストメニューからも使用することができます。

 

コンテンツの編集

コンテンツを編集するには、コンテンツフィールドをダブルクリックし、目的のコンテンツテキストを入力してください。エンティティの挿入はエンティティ入力ヘルパーから行うことができます。

 

グリッドビューについて更に詳しく

グリッドビューに関する更に詳しい情報は編集ビュー以下のグリッドビューを参照ください。

 


(C) 2019 Altova GmbH