XML ドキュメントを作成、開く、保存する

www.altova.com このトピックを印刷 1つ上のレベル

ホーム > 

XML ドキュメントを作成、開く、保存する

XML ドキュメントを作成、開く、そして保存するときには、以下のことがらが関連します:

 

テキストビュー、グリッドビュー、Authentic ビューのうち、どのビューで XML ドキュメントは開かれているのか
新規 XML ドキュメントが作成されたとき、スキーマ(XML スキーマまたは DTD)が自動的に、もしくは手動で割り当てられるか、または割り当てられないのか
XML ドキュメントにスキーマが割り当てられている場合、ドキュメントを開いたり保存するときに検証は自動的に行われるのか

 

デフォルトビュー

アプリケーション全体で有効になる設定により、(新規または既存に関わらず)XML ファイルが開かれるビューを指定することができます。これらの設定はオプションダイアログ 「ツール | オプション」 に収められています。

 

オプションダイアログのファイルの型 タブにて .xml を選択し、デフォルトビューから目的の編集ビュー(テキストビューまたはグリッドビュー)を選択します。スキーマビューならびに WSDL ビューは XML スキーマと WSDL ドキュメントでしか選択できないことと、ブラウザービューは表示のためのビューであり、編集ビューでは無いことに注意してください。

 

ファイルの型 タブでは、選択されたファイルの種類に対して XMLSpy をデフォルトのエディターに設定することもできます。

 

StyleVision Power Stylesheet (SPS) ファイルが割り当てられている場合、Authentic ビューでも XML ドキュメントを編集することができます。割り当てられた SPS ファイルと一緒に XML ファイルが開かれた場合、Authentic ビューにで直接開く様に設定することができます。オプションダイアログのビュー タブにある、常にファイルを Authentic ビューで開く にチェックを入れてください。このオプションにチェックが入っていない場合、ファイルの型 タブの .xml ファイルで指定されたデフォルトビューにてファイルが開かれます。

 

スキーマの割り当て

新規 XML ファイルを作成するには、「ファイル | 新規作成」 メニューコマンドを選択してください。新規ドキュメントを作成ダイアログ(以下のスクリーンショット)が表示されます。

CreateNewDoc

XML ドキュメントとして選択できるアイテムが複数あることに注意してください。Extensible Markup 言語 として記述されているオプションにより一般的な XML ドキュメントが作成されます。その他のオプションでは、例えば DocBook といったスキーマと、XML ドキュメントが既に関連付けられていたりします。関連付けされているこれらのオプションを選択すると、(i) 対応するスキーマが自動的に割り当てられ、(ii) 割り当てられたスキーマにより妥当なドキュメントのスケルトンがデフォルトで XML ドキュメントに作成されます。XML ドキュメントのスケルトンは独自に作成することができます。アプリケーションフォルダーの Template フォルダーに保存すれば、スケルトンドキュメントが新規ドキュメントを作成ダイアログにて使用できるようになります。

 

一般的な Extensive Markup 言語 をドキュメントの種類として選択した場合、ドキュメントにスキーマ(DTD または XML スキーマ)を割り当てるかどうか質問されます。ここでは、スキーマを参照するか、スキーマを割り当てること無く XML ドキュメントの作成にとりかかることができます。

 

勿論、「DTD / スキーマ」メニューを使えば、ドキュメントの編集中いつでもスキーマを割り当てることができます。

 

自動検証

既存の XML ドキュメントにスキーマが割り当てられている場合、ドキュメントを開いたり保存する際に自動的に検証を行うことができます。オプションダイアログ(「ツール | オプション」)のファイル タブから設定を行うことができます。

 

ファイル タブ内の自動検証設定をファイルの型タブの設定と組み合わせることで、特定のファイルの型を自動的に検証することができます。これら2つのタブにある設定を行うことで、

 


(C) 2018 Altova GmbH