X-軸の選択

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML > チャート >

X-軸の選択

X-軸の選択は、列の選択ダイアログにて指定されます(以下のスクリーンショットを参照)。この選択により X-軸に表示されるラベルが決定されます。ラベルはデータの選択ダイアログにて編集することができます(以下を参照)。

ChartSelectColumnsDlg

以下の XML ドキュメントを例にして考えてみましょう(このファイルは YearlySales.xml というファイル名で C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\マイ ドキュメント\Altova\XMLSpy2019\Examples\Tutorial に収められています)。カーソルが最初の Region 要素の開始タグ内に位置している状態で、チャート出力ウィンドウの 「新規チャート」 ボタンをクリックします。列の選択ダイアログがソース XPath と共に表示されます: /Data/Region

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Data xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 

      xsi:noNamespaceSchemaLocation="YearlySales.xsd">

 <Region id="Americas">

         <Year id="2005">30000</Year>

         <Year id="2006">90000</Year>

         <Year id="2007">120000</Year>

         <Year id="2008">180000</Year>

         <Year id="2009">140000</Year>

         <Year id="2010">100000</Year>

 </Region>

 <Region id="Europe">

         <Year id="2005">50000</Year>

         <Year id="2006">60000</Year>

         <Year id="2007">80000</Year>

         <Year id="2008">100000</Year>

         <Year id="2009">95000</Year>

         <Year id="2010">80000</Year>

 </Region>

 <Region id="Asia">

         <Year id="2005">10000</Year>

         <Year id="2006">25000</Year>

         <Year id="2007">70000</Year>

         <Year id="2008">110000</Year>

         <Year id="2009">125000</Year>

         <Year id="2010">150000</Year>

 </Region>

</Data>

 

ソース XPath のセクションで説明したように、このソース XPath により、X-軸に3つの要素があるチャートが作成されます(ソース XPath は Region 要素の数である3つのアイテムを返すため)。これら3つの要素のラベルを3つの地域の名前で表したいので、X-軸選択のコンボボックスから @id 属性を選択します(上の列の選択ダイアログのスクリーンショットを参照)。

 

各要素に対してチャートデータを生成するには、各 Region 要素の評価を行わなければなりません。各 Region 要素に対して、id 属性により X-軸属性のラベルが適切に生成されます。X-軸は以下のスクリーンショットのように表示されます。

ChartXAxis01

他の XPath 条件式が X-軸コンボボックスで選択された場合、その条件式が Region 要素コンテキスト内で評価され、評価の結果が対応する要素のラベルとなります。自動列挙 オプションでは要素の番号に対応した番号のシーケンスを生成します:最初の要素が1となり、2番目の要素が2となります。

 

X-軸のラベルと X-軸要素数の修正

X-軸に対するラベルの選択はデータの選択ダイアログから行うことができます(チャート出力ウィンドウの 「データの選択」 ボタンをクリックすることでアクセスできます)。

 

以下のスクリーンショットで示されるデータの選択ウィンドウにおいて、軸の値ペイン内の X-軸テキストボックスをクリックします。これで X-軸の選択を修正することができます。そこで B1 フィールドをクリックして、F1 までマウスをドラッグし、選択を B1:F1 とします。「OK」 をクリックして新たなチャートを確認します。

ChartSelectDataModifyX

この選択により、以下のスクリーンショットにあるような要素に対するラベルが作成されます。新しい選択では5つのアイテムが含まれるため、5つの要素が生成されたことにも注目してください。実際に表示されているのは最初の3つだけですが、これはソース XPath が返したノード数は3つで、これら3つのノードがチャートに表示されるためです。これら3つのノードは、データの選択ダイアログにて表示されているテーブルの行に対応します。テーブル内の行はソース XPath を変更することでしか修正できないということに注意してください。

ChartXAxis02

ソース XPath ならびに X-軸の選択に関するより詳細については、チャートデータの作成方法を参照ください。

 


(C) 2018 Altova GmbH