チャートの例:基本

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML > チャート >

チャートの例:基本

以下の XML ドキュメントを考えてみましょう。このファイルは YearlySales.xml というファイル名で C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\マイ ドキュメント\Altova\XMLSpy2019\Examples\Tutorial に収められています。

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Data xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 

      xsi:noNamespaceSchemaLocation="YearlySales.xsd">

 <Region id="Americas">

         <Year id="2005">30000</Year>

         <Year id="2006">90000</Year>

         <Year id="2007">120000</Year>

         <Year id="2008">180000</Year>

         <Year id="2009">140000</Year>

         <Year id="2010">100000</Year>

 </Region>

 <Region id="Europe">

         <Year id="2005">50000</Year>

         <Year id="2006">60000</Year>

         <Year id="2007">80000</Year>

         <Year id="2008">100000</Year>

         <Year id="2009">95000</Year>

         <Year id="2010">80000</Year>

 </Region>

 <Region id="Asia">

         <Year id="2005">10000</Year>

         <Year id="2006">25000</Year>

         <Year id="2007">70000</Year>

         <Year id="2008">110000</Year>

         <Year id="2009">125000</Year>

         <Year id="2010">150000</Year>

 </Region>

</Data>

 

ここで X-軸に3つの地域が表示され、各地域の年間売上がプロットされるようなグラフの作成を行ないます。グラフは以下の棒グラフにあるようなものになります。

ChartXAxis01

Region 要素をソース XPath として選択するため、このチャートの作成は簡単に行うことができます。ソース XPath 条件式からは 3 つのアイテム(3 つの Region 要素)を含むシーケンスが取得されます。各 Region 要素は X-軸ならびに Y-軸のデータ選択におけるコンテキストノードとなります。

ChartSelectColumnsDlg

系列に関しては、各地域にある Year 要素を使用するので、列の検索階層は1で十分となります。Region 要素の id 属性を X-軸に使用します。従って、id 属性の値が X-軸の要素のラベルとして使用されます。チャートには存在する全ての Year 要素を表示したいので、Year 系列は全てチェックします。

 

「OK」 ボタンをクリックすることで、目的のチャートが表示されます。より高度なチャートに関する情報は、チャートの例:詳細を参照ください。

 


(C) 2018 Altova GmbH