チャートの設定:クイックリファレンス

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML > チャート >

チャートの設定:クイックリファレンス

チャートの種類

(以下のスクリーンショットにある)種類の変更ダイアログにて、使用したい種類のグラフを選択して、「OK」 により確定します。種類の変更ダイアログへは、「種類の変更」 ボタンからアクセスすることができます。

ChartTypeDialog

チャートの種類が変更された後は、チャートの設定(タイトルや高さ、幅など)を、以下のスクリーンショットで示される外観の変更ダイアログから行う必要があり、チャートデータも指定する必要があります(以下のスクリーンショットを参照)。各グラフの種類に対してデータの選択を行う方法については、チャートの作成ならびにチャートデータのセクションを参照ください。

 

チャートの外観

以下のスクリーンショットは棒グラフの設定ダイアログのものです。チャートのタイトルやスキーマの色付、フォントサイズといったチャートの設定は、外観の変更ダイアログにて行ないます。このダイアログへは 「外観の変更」 ボタンからアクセスすることができ、そこで設定することのできる内容もチャートの種類によって変わってきます。

ChartChangeAppearance

以下の設定は全ての種類のチャートに対して適用されます:

 

一般 :チャートのタイトルや、タブ、チャートの背景色、プロットの境界線やその背景色などを編集することができます(以下のスクリーンショットを参照)。以下のスクリーンショットでは、淡い緑色の背景色が与えられています。チャートの下部に表示され、チャートに表示されている色の説明を行っている凡例を表示するかどうかも、この設定画面から決定することができます。

ChartTitleLegendLabel

塗りつぶし :ユーザー定義の塗りつぶし定義に加えて、4つの定義済み塗りつぶし定義が利用可能です。色の追加や削除を行うことで、お好きな塗りつぶしの定義を修正することができます。塗りつぶしタブにて選択された色の定義がチャートで使用されます。
大きさ :チャートが持つ様々な特徴の大きさを、ピクセルまたはパーセンテージによる比率で指定することができます。
フォント :このタブではチャートの凡例、タイトルそしてラベルのフォントプロパティを指定することができます。大きさはピクセル、またはチャートに対するパーセンテージにより指定します。

 

更に、各種類のチャートは以下のような独自の設定項目を持っています:

 

円グラフ : (i) 最初の項目が開始される角度を指定します。(ii) 項目が並べられる向きを指定します。(iii) 輪郭の色を指定します。(iv) 色をハイライトするか指定します(3D 円グラフでは、影と透明度を指定することができます)。(v) ラベルを表示するかどうか指定します。(vi) 値やパーセンテージをラベルに追加するか、そしてパーセンテージに表示される桁数を指定します。
棒グラフ :(全般にて)X-軸 と Y-軸を入れ替えることで、水平の棒グラフを作成することができます(2次元棒グラフのみ)。(棒にて)輪郭の描画と影付けを行ないます(輪郭の描画は2次元棒グラフのみ)。(X-軸にて)X-軸のラベルと色、そして垂直の補助線をセットします。(Y-軸にて)Y-軸のラベルと色、水平の補助線、表示する値の範囲、そして Y-軸の目盛り間隔を指定します。(Z-軸にて)Z-軸のラベルと色を指定します(3次元棒グラフのみ)。(3D にて)垂直の傾き、水平の回転、そして視界の広さを指定します。
折れ線グラフ :(全般にて)X-軸と Y-軸を入れ替えます。(ラインにて)プロットの点をどのように表示するか指定します。(X-軸にて)X-軸のラベルと色、そして垂直の補助線をセットします。(Y-軸にて)Y-軸のラベルと色、水泳の補助線、表示する値の範囲、そしてY-軸の目盛り間隔を指定します。
ゲージ : (i) ゲージが開始される角度(アングル)と、ゲージの値が表示される角度を指定します(円ゲージのみ)。(ii) 表示される値の範囲を指定します(円ゲージならびに棒ゲージ)。(iii) 大きな目盛りの間隔と小さな目盛りの間隔を指定します(円ゲージならびに棒ゲージ)。(iv) ダイヤルや針、境界線などの色を指定します。

 

 


(C) 2018 Altova GmbH