チャートのデータ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML > チャート >

チャートのデータ

「データの選択」 ボタンをクリックすることで、(以下のスクリーンショットにある)データの選択ダイアログが表示されます。ダイアログは、(i) 系列ペイン、(ii) 軸の値ペイン、そして (iii) チャートデータテーブルの3つのペインから構成されます。

 

「列の選択」 ボタンをクリックすることで、列の選択ダイアログが表示され、ソース XPath や X-軸、Y-軸のデータ選択を変更することができます。

ChartSelectDataModifyX

 

系列ペイン

系列ペイン内で最初から選択されている系列は、列の選択ダイアログにて選択したものになります。「OK」 ボタンをクリックしたときに、このペインで選択されているものがチャート内に表示される系列になります。系列ペインでは3つの操作を行うことができます:

 

系列の追加と削除 :チャート内に表示される系列の数を変更することができます。
系列の名前変更 :系列の名前はチャート内の凡例として表示されます。
各系列のデータを選択 :系列ペインにて系列が選択された状態だと、X-軸と Y-軸のデータを、軸の値ペインで指定することができます。その方法については以下を参照ください。

 

軸の値ペイン

X-軸ならびに Y-軸のデータは、軸の値ペインの対応するテキストボックスから入力することができます。どちらかのテキストボックスをクリックして、その中の値を編集することができ、編集状態であることがテキストボックスの右側に、アスタリスクとして表示されます。データの選択は、チャートデータテーブルからデータの範囲を選択することでも行うことができます。選択するデータの範囲は、列や行全体、またはそれらの一部として行うことができます。データ範囲の指定は、キーボードによる入力(例えば、A3B1:F1 など)もしくはチャートデータテーブルの範囲をマークすることで行うことができます。データの範囲を選択するには、範囲の最初のセルを選択し、カーソルを最後のセルまでドラッグします。列や行全体をマークするには、列または行のヘッダーをそれぞれマークしてください。

 

X-軸の選択により、X-軸ノードのラベルが決定され、全ての系列に対して適用されます。X-軸における要素の数は変更されません。

 

Y-軸の選択により、選択された系列に対して使用されるセルの範囲が決定されます。選択されたセルの数が X-軸の要素より少ない場合、対応する要素を持たない X-軸の系列は表示されません。選択されたセルの数が X-軸の要素より多い場合、余った分だけ新たに要素が(対応する値とともに)作成されます。

 

チャートデータテーブル

(データの選択ダイアログ下部に表示される)チャートデータテーブルの構造は、列の選択ダイアログの選択から取得されます。

 

テーブル内にある行の数は、ソース XPath から得られたシーケンス内にあるアイテム数に対応します。
列はアルファベットの A から順に名前がふられています。この列名を使って、軸の値ペインから選択を行うことができます(例: B1:F1)。
最初の列は、ソース XPath 条件式から得られたノードをコンテキストに、列の選択ダイアログにて選択された X-軸を評価することで取得しています。
最初の列を除く、その他全ての列は、列の選択ダイアログにて選択された Y-軸を評価することで得られています。列の選択ダイアログの Y-軸の選択から得られた各系列は、チャートデータテーブルの列に対応します。

 

チャートデータテーブルは、列の選択ダイアログにて選択されたデータのスーパーセット(上位集合)として見ることもできます。このスーパーセットから、(軸の値ペインにより)目的のデータの範囲、または個別の系列を選択することができます。

 


(C) 2018 Altova GmbH