その他の機能

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML >

その他の機能

今までに紹介した以外にも、XML ファイルを使用するうえで以下の機能を利用することができます。

 

エンコーディング
DTD やスキーマの生成
検索と置換
XPath の評価
テキストのインポートとエクスポート

 

エンコーディング

XML ファイル(そしてその他のドキュメント)のエンコーディングはメニューコマンドファイル | エンコード」 により設定することができます。XML ならびに非 XML ファイルのデフォルトエンコーディングは オプション | エンコード」 セクションにより指定することができます。

 

DTD や XML スキーマの生成

「DTD/スキーマ | DTD/スキーマの生成」メニューコマンドにより、XML ドキュメントの構造を記述するスキーマを作成することができます。表示される DTD スキーマの生成ダイアログでは、生成するスキーマの種類(DTD もしくは XML スキーマ)や、XML ドキュメントにある値から列挙を生成するなどの XML スキーマオプションを指定することができます。

 

検索と置換

「編集」 メニューからアクセスすることができる検索ならびに置き換え機能によりパワフルな検索機能を手に入れることができます。検索の対象となる単語には、大文字や小文字の区別を行うかや、単語の完全マッチ、更には正規表現を使用することもできます。検索の対象はドキュメント内の選択や(以下のスクリーンショットに示されるように)特定のノード型に限定することができます。

txt-view-find_adv

上のスクリーンショットはグリッドビュー内に検索ダイアログを表示しています。 。ダイアログとその機能は、アクティブになっているビューにより変化します。 テキストビューの検索機能については、ここを参照してください。

 

XPath の評価

XPath ウィンドウで入力した XPath 条件式をアクティブな XML ドキュメントに対して評価することができます。評価結果は XPath ウィンドウ内に表示され、その中のノードをクリックすることで、メインウィンドウ内の対応するノードがハイライトされます。XPath ウィンドウは 「XML | XPath を評価」 コマンドによりアクティブにすることができます。

 

テキストのインポートとエクスポート

テキストデータは他のアプリケーションから(そして他のアプリケーションへ)インポート(ならびにエクスポート)することができます。これらの機能のコマンドは変換メニューから利用することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH