リレーションシップノード

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XBRL > XBRL テーブル定義エディター > テーブル構造 > 定義ノード >

リレーションシップノード

コンセプト または ディメンション リレーションシップノードは、コンセプトのネットワーク または  DTS 内の明確なディメンション メンバーにより定義された構造ノードのツリーになります。ですから、定義ツリー 内のコンポーネントは、レイアウトのセルのブロックに対応します。

 

左のスクリーンショットは、を コンセプトリレーションシップノードを含むテーブル定義表示します。 右のスクリーンショットは、 コンセプトの対応するネットワークを表示します。この場合は、プレゼンテーション リンクベース内で定義されています。

Click to expand/collapse     Click to expand/collapse

リレーションシップノード には、1つのアスペクト制約があります: コンセプト または 明示的なディメンション。 ですから、レイアウト セルのヘッダーは、(存在する場合) コンセプトの ラベル またはその修飾名です。 詳細入力ヘルパーの詳細タブは、リレーションシップノードのプロパティを表示しますが、制約タブは、レイアウト内でフォーカスされたセルにより定義されたアスペクト制約 (セット)を提供します。

 


(C) 2018 Altova GmbH