テーブルコンポーネント

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XBRL > XBRL テーブル定義エディター >

テーブルコンポーネント

新しいテーブルコンポーネントは、リンクロールノードのコンテキストメニュー で作成されます  (下のスクリーンショット)。または、拡張リンクロールを隠す, に設定されたビューで、をツールバーアイコンXBRLAddExtendedLinkRoleIcon 新しいテーブルコンポーネント介して作成されます。

XBRLTableAddComponent

各種の コンポーネントに追加して、関係するメカニズムは、セクションのサブセクションで説明されています。 テーブルコンポーネントが追加された後、テーブルタブ内のダイアグラムに表示されます (下のスクリーンショット参照)。

XBRLTableDefsEditorOview

意味を明確にするために、 テーブルコンポーネントは、 ツリー 構造内に表示されているリレーションシップ to 他の コンポーネント (アーク) に分けられています(上のスクリーンショット参照)。 コンポーネントのプロパティとリレーションシップ (アーク) のアイコンとしてダイアグラムに、コンポーネント または アークの左横に表示されています (上のスクリーンショット参照)。

 

ルールノードの詳細入力ヘルパー は、上のスクリーンショットでハイライトされています。 ノードの プロパティは、一般 セクションの下にリストされています。プロパティの boolean の値は、チェックボックスがチェックされていると、 true チェックが解除されていると false で示されています。追加セクションのは、ノードに関連する他の詳細をリストします。

XBRLTableEdDetailsEHRuleNode

詳細入力ヘルパー でアークのプロパティを確認するには、ダイアグラム内から to (ターゲット) コンポーネントを選択します。アークの プロパティはアーク セクションにリストされます。

 

テーブルエディター内のコンテキストメニュー

テーブルコンポーネントのコンテキストメニューは、コンポーネントの型により異なります。  メニュー アイテムは、以下のセクションに整理されています:

 

リレーションの修正 (サブ-アイテムのみのため): アークのオーバーライド/削除
コンテンツの変更 (ルールノード、 リレーションシップノード): 例えば、 追加/追加 アスペクトルール
ラベル/参照の追加
新しい子コンポーネントの作成 (リレーションシップを含む): 例えば、 新しいブレークダウンの追加
(リレーションシップを含む)コンポーネントの削除
(コンポーネントの)次の/前の発生を検索

 

メモ:コンテキストメニューのより作成または削除され、たルール セット などのコンテンツアイテムは、 追加セクション内の詳細入力ヘルパーに表示されています。

 


(C) 2018 Altova GmbH