XBRL テーブル定義エディター

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XBRL >

XBRL テーブル定義エディター

XBRL 仕様はリンクベースの表示を補完するテーブルリンクベースを提供します。テーブルは、 XBRL タクソノミ内で定義されるコンセプトのビューを定義する他の方法を与えます。プレゼンテーションリンクベースがするように、コンセプトを階層構造で表示するのではなく、 複数の軸を使用してテーブルを定義します。 軸のコンポーネントは、個別のアイテムに制限されておらず、ディメンション、期間、単位、エンティティ、タクソノミにより表されることのできる金融ファクトとして使用することのできる他のプロパティの組み合わせとして定義されることもできます。 XBRL テーブル リンクベースの構文とセマンティックの概要情報は、XBRL テーブルリンクベース 概要 1.0 および 2014 年 3 月 18 日 版テーブルリンクベース 1.0 勧告により見つけることができます。

 

XMLSpy は、2014 年 3 月 18 日 版テーブルリンクベース 1.0 勧告に従い、 名前空間 http://xbrl.org/2014/テーブル を使用します

 

標準の XBRL リンクベース (プレゼンテーション、計算、 定義) は、標準の 拡張されたリンク内のロケーターと標準のアークを介して、コンセプト間のリレーションを定義しますが、 テーブルリンクベースは、コンポーネント (テーブル、ブレークダウン、 定義ノード、 など)を含み、 ジェネリックな 拡張されたリンク内の リソース および ジェネリックな アークを介してその関係を定義します。 テーブルリンクベース 仕様は、3つのモデルのシーケンスを定義し、各モデルの次のモデルへの変換を処理します。3つの モデル: 定義 モデル、構造モデルおよびレイアウト (またはレンダリング) モデル。定義モデルは、テーブルリンクベースのセマンティックコンテンツのモデルです。  テーブルは、軸により定義されます。また、軸定義は、代わりに定義ノードのツリーにより作成されます。

 

XMLSpy の XBRL テーブル定義 エディターは、アプリケーションの XBRL タクソノミエディターの一部として実装されます。XBRL ビューのテーブル タブ で使用することができます(下のスクリーンショット参照)。

XBRLTableDefsEditorOview

テーブル タブは、概要 入力ヘルパーと詳細入力ヘルパーと共に、テーブル定義を編集するために使用されます。 詳細入力ヘルパー は、テーブルコンポーネントのプロパティとコンテンツを編集するために使用されますが、テーブル概要 入力ヘルパーは、XBRL テーブルのためのデフォルトのリンクベースを設定するために使用されます (テーブル定義が保存されるファイルはデフォルトで保存されます)。  タブ自身がテーブル定義の直接の編集を有効化することができます。

 

XBRL テーブル レイアウトプレビュー

テーブル定義のレイアウトをプレビューするために、XBRL タクソノミエディターは、 XBRL ビューのテーブルタブ内にXBRL テーブルレイアウトプレビューペインを与えます (下のスクリーンショット参照)。ダイアグラム内で、テーブル または テーブルコンポーネントが選択されると、テーブルのプレビュー が、ダイアグラム下のテーブルレイアウトプレビューペインに表示されます(下のスクリーンショット参照)。 代わりに、プレビューペインの コンボボックスのドロップダウンリストから、テーブルを選択することができます。これは、テーブルリンクベース内のテーブルのリストです。

XBRLTableLPOverview

プレビューの機能の詳細に関しては、 次のセクションを参照してください:

 

テーブル 構造
テーブルパラメーター
テーブル レイアウトプレビュー

 


(C) 2018 Altova GmbH