フィルター

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XBRL > XBRL フォーミュラエディター > フォーミュラ コンポーネント >

フィルター

フィルターは、入力 XBRL インスタンス内の変数が評価される際に使用される XBRL インスタンスであるファクトのための選択条件を定義します。 フィルターは、入力 ファクトに適用される条件を示します。  フィルターの一部には、サブラインに表示された XML コンテンツ を持ちます。

 

 

Aspect Cover

これらの フィルター は、フィルタリングを行わず、明示的な XPath 式を持ちません。これらは、(コンセプト および ディメンションなどの) 他のフィルタの後に処理または適用され、他のフィルターのアプリケーションにより引き起こされるアスペクトのカバー状態をオーバーライドします。

1 つまたは複数のアスペクトアイテム

型: aspect, dim-qname/excl-dim-qname または dim-exp/excl-dim-exp

値: アスペクト 型 (enum), ディメンションの QName または XPath 式

アイテムは、入力ヘルパー詳細追加セクションに表示されています。

 

Boolean Filter

Boolean フィルター は、サブ-フィルターに関連付けられています。

and-filter は、サブフィルターにより表された条件をベースにしたファクトに一致します。

XBRLFilterBoolAnd

or-filter は、サブフィルターにより表された条件をベースにしたファクトに一致します。

XBRLFilterBoolOr

Concept Name

Concept Name フィルター は、コンセプトの名前をベースにしたファクトに一致します。

XBRLFilterConceptName

1 つまたは複数の コンセプト:

型: qname または exp

値: コンセプトの QName または XPath 式

コンセプトは、入力ヘルパー詳細追加セクションに表示されています。

 

 

Concept Data Type

Concept Data Type フィルターは、スキーマデータ型をベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterConceptDatatype

Boolean フラグ: “strict” は、ファクトのデータ型が割り出されるかを指定します。

型: qname または exp

値: データ-型の QName または XPath 式

 

 

 

Concept Substitution Group

Concept Substitution Group フィルターは、 XML スキーマ 代替 グループをベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterConceptSubGrp

Boolean フラグ: “strict” は、ファクトのコンセプトが自身の @substitutionGroup 属性内の要素を直接指定するかを指定します。

型: qname または exp

値: 代替-グループの QName または XPath 式

 

 

 

Concept Period Type

Concept Period Type フィルターは、 @xbrli:periodType 属性により決定されたとおり、期間型またはインスタント型コンセプトのための値を報告するかどうかをベースにしてファクトに一致するために使用されます。

 

 

 

 

Concept Balance

Concept Balance フィルターは、 @xbrli:balance 属性 を持つかどうか、また出金および入金の値があるかをベースにしたファクトに一致するために使用されます。

 

 

 

 

Concept Custom Attribute

Concept Custom Attribute フィルターは、存在または各コンセプトの宣言内の属性の値をベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterConceptCustomAtt

型: qname または exp

値: 属性の QName または XPath 式

 

 

 

Concept Relation

Concept Relation フィルターは、効果的なリレーションシップの指定されたリンクロール URI 内ネットワーク内の、指定されたアークロール URI の、指定された軸の、指定された生成を含む、オプションのテスト式を満たす、ソースコンセプトに対してのコンセプトの効果的なリレーションシップをベースにした、ファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterConceptRelation

ソース:                型 = 変数、 qname または exp

リンクロール:        型 = uri または exp

リンク名:        型 = none、 qname または exp

アークロール:        型 = uri または exp

アーク名:        型 = none、 qname または exp

 

 

 

Explicit Dimension

フィルターディメンションの有効なメンバーのすべてのドメインの集合体内のすべてのドメインメンバーのセットとして与えられた DTS のコンテキスト内で明示的なディメンション のドメインが定義されています。  Explicit Dimensionフィルターは、明示的ディメンション値を持つ明示的ディメンションのドメイン内のドメインメンバーを持つファクトに一致するために使用することができます。

XBRLFilterExplicitDimension

ディメンション 型: qname または exp

1 つまたは複数のメンバー:

型: 変数, qname または exp

メンバー は、入力ヘルパー詳細追加セクションに表示されています。

 

 

 

Typed Dimension

Typed Dimension フィルターは、型指定されたディメンションのための値をベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterTypedDimension

ディメンション 型: qname または exp

 

 

 

Entity Identifier

Entity Identifier  フィルターは、エンティティ識別スキームおよび/またはエンティティ識別値の特性をベースにするファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterEntityIdentifier

Specific Entity Scheme

Specific Entity Scheme フィルター は、スキーム識別フィルターのための報告値をベースにするファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterSpecificEntityScheme

Regular Expression Entity Scheme

Regular Expression Entity Scheme フィルター は、正規パターンエンティティ内のスキームをベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterRegEx

Specific Entity Identifier

Specific Entity Identifier  フィルター は、フィルターにより与えられたエンティティ識別し、値を使用する報告値をベースにするファクトに一致するために使用されます。

 

 

 

Regular Expression Entitiy Identifier

Regular Expression Entity Identifier  フィルター は、エンティティ識別子の値のテキスト内の正規パターンをベースにしたファクトに一致するために使用することができます。

 

 

 

General

General フィルターはアスペクトをカバーしません。

XBRLFilterGeneral

Match Concept

Concept Matching フィルターに一致するコンセプトは、同じコンセプトのレポート値を持つファクトを選択するために使用されます。

XBRLFilterMatchConcept

Match Location

Location Matching フィルター は、同じ親の要素を持つファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterMatchLocation

Match Unit

Unit Matching  フィルター は、同じユニットを持つファクトに一致するために使用されます。

 

 

 

Match Entitiy Identifier

Entity Matching  フィルター は、同じエンティティ識別子とともにファクトを選択するために使用されます。

 

 

 

Match Period

Period Matching   フィルター は、同じ期間を持つファクトを選択するために使用されます。

 

 

 

Match Dimension

Dimension Matching  フィルターは、指定された XBRL ディメンションのための同じ値を持つファクトを選択するために使用されます。

XBRLFilterMatchDimension

Match Complete Segment

Complete Segment Matching フィルターは、  XBRL ディメンション仕様をベースにして解釈されないセグメントのコンテンツがある同じセグメントを持つファクトを選択するために使用されます。

 

 

 

Match Non-XDT Segment

Non-XDT Segment Matching フィルターは、比較から XBRL ディメンション仕様 コンテンツを除いた後の同じセグメントを持つファクトを選択するために使用されます。

 

 

Match Complete Scenario

Complete Scenario Matching フィルターは、をベースにせずに解釈されたシナリオのコンテンツがある同じシナリオを持つ、 ファクトを選択するために使用されます。

 

 

 

Match Non-XDT Scenario

Non-XDT Scenario Matching フィルターは、比較からXBRL ディメンション仕様 コンテンツを除いた後の同じセグメントを持つファクトを選択するために使用されます。

 

 

 

Period

Period フィルターは、計られたまたは期間に関連する条件の広い範囲をベースにした、ファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterPeriod

Period Start

Period Start フィルターは、計られたまたは期間の開始をベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterPeriodStart

Period End

Period End フィルターは、計られたまたは期間の終了をベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterPeriodEnd

Period Instant

Period Instant フィルターは、計られたインスタントをベースにしたファクトに一致するために使用されます。

XBRLFilterPeriodInstant

Period Forever

Forever フィルター は、繰り返し期間とともに報告されるファクトに一致するために使用されます。

 

 

 

 

Period Instant Duration

Instant Duration フィルター は、他のファクトが報告された期間の開始または終了に一致するインスタントのあるインスタントでレポートされるファクト一致するために使用されます。

 

 

 

 

Relative

相対的なフィルターは、相対的なフィルターによりカバーされたアスペクトのためにファクトを選択するために使用されます。 相対的なフィルタに一致するファクトは、評価される変数セット内の他のファクト変数の評価の結果である必要があります。

XBRLFilterRelative

Segment

Segment フィルターは、指定された制約を満たす 非-XDT コンテンツを持つ、ファクトに一致するために使用されます。 非-XDT コンテンツは、 XBRL ディメンション使用で定義されている明示的なまたは型指定されたディメンションをベースにしないセグメントコンテンツを参照します。

XBRLFilterSegment

Scenario

Scenario フィルターは、指定された 制約を満たす、 非-XDT コンテンツを持つファクトに一致するために使用することができます。 非-XDT コンテンツを参照します。 ディメンション仕様で定義されていない、明示的なまたは 型指定された ディメンションをベースとしないシナリオコンテンツを参照します。

XBRLFilterScenario

Tuple Parent

Parent フィルターは、 指定された 親要素を持つファクトを選択するために使用することができます。

XBRLFilterTupleParent

型: qname または exp

 

 

 

Tuple Ancestor

Ancestor フィルターは、指定された祖先要素を持つファクトを選択するために使用することができます。

XBRLFilterTupleAncestor

型: qname または exp

 

 

 

Tuple Sibling

Sibling フィルター は、他のファクトの兄弟であるファクトを選択するために使用することができます。

XBRLFilterTupleSibling

Tuple Location

Location フィルター は、他のファクトのロケーションに相対的な指定されたロケーションを持つ、ファクトを選択するために使用されます。

XBRLFilterTupleLocation

Unit Single Measure

Unit Single Measure フィルター は、単一の方法により指定されるユニットと共にレポートされているファクトに一致するために使用することができます。

XBRLFilterUnitSingleMeasure

型: qname または exp

 

 

 

Unit General Measure

Unit General Measure フィルターは、ユニットメジャーの数値を含む条件をベースにした、ファクトを選択するために使用することができます。

XBRLFilterUnitGenMeasure

Value nil

Nil フィルターは、 nil とレポートされているファクトに一致するために使用することができます。

XBRLFilterValueNil

Value Precision

Precision フィルターは、最小の実際の正確性を持つことをベースにし、 @decimal 属性の値により示されることのできるファクトに一致するために使用することができます。 正確性フィルターは、フィルターが永続の最小の必須の正確性を示す場合、ファクトを選択しないことに注意してください。フィルターは、非数値または nil 値と共にレポートされるファクトを選択しません。

XBRLFilterVlauePrecision

 


(C) 2018 Altova GmbH