コンポーネント プロパティとコンテンツの編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XBRL > XBRL フォーミュラエディター >

コンポーネント プロパティとコンテンツの編集

フォーミュラコンポーネンツのプロパティは、ダイアグラム内で、または詳細入力ヘルパー内で直接編集することができます。

 

ダイアグラム内で、コンポーネントに(存在する場合は)名前を入力すると適切な値の デフォルトのプロパティ がプロパティ詳細テキストの横に灰色で表示されます。  コンポーネントをダブルクリックすると、展開します。プロパティをダブルクリックすると、プロパティを編集モードにします。プロパティ または コンテンツが XPath 式を含む場合、 XPath 式の編集がポップアップします。

XBRLEditXPath

フォーミュラの 型指定された ディメンション アスペクトルールの内の値のコンテンツ または  フォーミュラの  OCC アスペクトルール内のフラグメントのコンテンツなどのXML コンテンツの編集中、 XML の編集ダイアログがポップアップします (下のスクリーンショット) 。(フォーミュラを右クリックしてアスペクトルールを追加します。 )

XBRLEditXML

XML テキストを入力して、「OK」 をクリックすると、  XML テキストは、プロパティ内のコンテキストとして入力されます。 XML テキストが整形式でない場合、この効果へのメッセージがポップアップしますが、テキストは許可されません。

 


(C) 2018 Altova GmbH