検索語

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XBRL > XBRL 内を検索 >

検索語

オプションペインにある対応するオプションにチェックを入れることで、大文字・小文字を区別した検索や、単語に完全にマッチする検索を行うことができます。正規表現を使った検索を行うには、「次を検索」 「全て検索」 ボタンをクリックする前に、オプションペインにある正規表現 オプションにチェックを入れてください。正規表現の使用に関する詳細は、以下を参照ください。

FindInXBRLTerm

メモアルファベットではない(もしくは未知の)文字は、全て区切り文字として検索は行われます。例えば、asset という単語で検索が行われたとき、xbrl:asset という結果が返されますが、これはコロン文字 (:) が区切り文字として見なされるためです。

 

型ペインにて、検索対象となるコンポーネントを指定することもできます。

 

正規表現

正規表現を使用することで、検索の条件を更に細かく設定することができます。ポップアップリストを使用することで、正規表現の構築を楽に行うことができます。リストにアクセスするには、検索語の入力フィールドの右にある > ボタンをクリックしてください。

XBRLFindRegEx

リストから必要なアイテムをクリックすることで、対応する正規表現の文字が入力フィールドへ挿入されます。以下は正規表現の構文文字(メタ文字)です。

 


.

任意の1文字にマッチします。


\(

タグ付けされた領域の開始を表します。


\)

タグ付けされた領域の終わりを表します。


\<

単語の開始にマッチします。


\>

単語の終わりにマッチします。


\x

通常特別な意味を持つ文字 x の使用を許可します。例えば、\[ は [ として解釈され、文字セットの開始とは解釈されません。


[...]

文字の集合を表します。例えば、[abc] により、a、b、c 全てにマッチすることになります。例えば、[a-z] などとすることで、アルファベットの小文字全てを表す範囲を表すこともできます。


[^...]

文字の集合の否定を表します。例えば、[^A-Za-z] は、アルファベット以外の文字を表します。


^

行の開始を表します。


$

行の終わりを表します。例えば A+$ により、行の最後にある1つ以上の A がマッチします。


*

0個以上の文字の繰り返しにマッチします。例えば、Sa*m により Sm、Sam、Saam、Saaam.. といった文字にマッチします。


+

1個以上の文字の繰り返しにマッチします。例えば、Sa+m により Sam、Saam、Saaam... といった文字にマッチします。

 


(C) 2018 Altova GmbH