タクソノミファイルの概要

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XBRL > 基本のプロシージャ >

タクソノミファイルの概要

注意深くデザインされた XBRL タクソノミは、タクソノミコンセプトをタクソノミリレーションシップとは別のファイルに保管されます。このファイルのことをメインタクソノミ、またはコンセプト定義ファイルと呼びます。更に、リレーションシップにも複数の種類があるため、これらリレーションシップもその種類ごとに個別のファイルで管理されます。以下のテーブルでは、タクソノミドキュメントを一般的に構成するファイルの種類を示します。

 

XBRL ファイル

説明

ファイルの種類

コンセプト

各コンセプトは XML スキーマ element 要素内で定義されます。

XML スキーマファイル (.xsd) コンセプト定義ファイル

定義 リレーションシップ

definitionLink 要素にはコンセプトリレーションシップの全てのロケータと 定義 アークが含まれます。

XML ファイル (.xml)

計算 リレーションシップ

calculationLink 要素には全てのロケータと 計算アークが含まれます。

XML ファイル (.xml)

プレゼンテーション リレーションシップ

presentationLink 要素には全てのロケータと プレゼンテーション アークが含まれます。

XML ファイル (.xml)

ラベル

labelLink 要素には全てのロケータと ラベル アーク、そしてラベルが含まれます。

XML ファイル (.xml)

参照

referenceLink 要素には全てのロケータと、参照アーク、そして参照リソースが含まれます。

XML ファイル (.xml)

 

 

リレーションシップファイルの場所はコンセプト定義ファイル(.xsd ファイル)内の schema/annotation/appinfo 要素により定義されます:

 

<xsd:annotation>

   <xsd:appinfo>

      <link:linkbaseRef xlink:arcrole="http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase"

         xlink:href="NanonullLabels.xmlxlink:type="simple"

         xlink:role="http://www.xbrl.org/2003/role/labelLinkbaseRef" />

      <link:linkbaseRef xlink:arcrole="http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase"

         xlink:href="NanonullDefinitions.xmlxlink:type="simple"

         xlink:role="http://www.xbrl.org/2003/role/definitionLinkbaseRef" />

      <link:linkbaseRef xlink:arcrole="http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase" 

         xlink:href="NanonullPresentations.xmlxlink:type="simple"

         xlink:role="http://www.xbrl.org/2003/role/presentationLinkbaseRef" />

      <link:linkbaseRef xlink:arcrole="http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase"

         xlink:href="NanonullCalculations.xmlxlink:type="simple"

         xlink:role="http://www.xbrl.org/2003/role/calculationLinkbaseRef" />

      <link:linkbaseRef xlink:arcrole="http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase"

         xlink:href="NanonullReferences.xmlxlink:type="simple"

         xlink:role="http://www.xbrl.org/2003/role/referenceLinkbaseRef" />                        

   </xsd:appinfo>

</xsd:annotation>

 

 

コンセプト定義ファイル(.xsd ファイル)が XBRL ビューにて開かれると、概要入力ヘルパーにて様々なタクソノミファイルがツリー構造で表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

XBRLOverviewEHTaxoFiles

上のスクリーンショットにおいて、ファイル名の左にあるアイコンがスキーマを表していることに注目してください。XML スキーマ (.xsd) ファイルは XSD アイコンにより示されます。リレーションシップファイルは、リレーションシップの種類を表す文字が記された色付のアイコンで表示されます。例えば、icXBRLDefs アイコンは 定義 リレーションシップファイルであることを表し、icXBRLPres アイコンは プレゼンテーション リレーションシップファイルであることを表しています。これらファイルをダブルクリックすると、ファイルが XMLSpy のグリッドビューで開かれます(以下のスクリーンショットを参照してください)。

XBRLRelFilesGridView

 


(C) 2018 Altova GmbH