サービスとポートの作成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > WSDL と SOAP > WSDL チュートリアル >

サービスとポートの作成

新しいサービスを追加するには、デザインの何も無い箇所を右クリックして、コンテキストメニューから 「サービスを挿入」 を選択します。新規 WSDL ドキュメントを作成した場合、デフォルトでサービスがデザイン内に表示されます。サービス名をダブルクリックし、名前を編集後 「Return」 を押下することでサービスの名前変更を行うことができます。サービスの名前は概要入力ヘルパーでも変更されることに注目してください(以下のスクリーンショットを参照)。

wsdl-tut-newserv2

概要入力ヘルパーにおいて名前の変更を行うには、NewPort エントリをダブルクリックして、MyPort と変更した後 「Return」 により確定します。デザイン内のポート名も変更されることに注目してください(上のスクリーンショットを参照)。ポートを追加するには、サービスまたはポートを右クリックし、コンテキストメニューから 「ポートを挿入」 を選択します。

 

ポートのアドレスを入力

ポートのアドレスは、(i) デザインの場所アイテムから直接、または (ii) (以下のスクリーンショットにあるように)詳細入力ヘルパーから(Location フィールドをダブルクリックして)編集することができます。

wsdl-tut-newserv3

 

ポートをバインディングに割り当てる

ポートはバインディングとネットワークアドレスを結びつけるエンドポイントです。ポートのアドレスが一度定義されると、必要な作業はそのポートをバインディングに割り当てるだけとなります。ポートをバインディングに割り当てるには、ポートのバインディングアイテムにある下向き矢印をクリックして、ドキュメント内で定義されているバインディングのリストから選択を行ないます。

tut-wsdl-port-binding

注意ポートが既にバインディングに割り当てられており、他のバインディングへの割り当てを行ないたい場合、まず(ポートの右クリックメニューから)バインディング参照を削除した後、新規バインディング参照を追加する必要があります。

 


(C) 2018 Altova GmbH