ウェブサービスへの接続とファイルを開く

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > WSDL と SOAP > WSDL チュートリアル >

ウェブサービスへの接続とファイルを開く

このセクションでは以下の操作方法について説明します:

 

XMLSpy を使ったウェブサービスへのアクセス
XMLSpy を使って WSDL ファイルを開く
XMLSpy を使って WSDL ドキュメントに割り当てられた XML スキーマを開く

 

ウェブサービスへのアクセス

通常ウェブサービスへは HTML ページを通じてアクセスが行われます。このようなページの例の1つとして Examples/SOAP Debugger にある DebuggerClient.htm があります。このページにより表示されるウェブサービスにアクセスするには:

 

1.プロジェクトウィンドウが表示されていなければ、ウィンドウを有効にします(「ウィンドウ | プロジェクトウィンドウ」)。
2.SOAP Debugger フォルダーにある展開アイコンをクリックし、DebuggerClient.htm をダブルクリックします。この操作により、メインウィンドウに SOAP Debugger Example Client が表示されます。

wsdl-tut-tserv2

 

 

XMLSpy を使って WSDL ファイルを開く

ウェブベースの WSDL ファイルを XMLSpy で開くには:

 

1.メニューオプション 「ファイル | 開く」を選択し、ファイルを開くダイアログにて 「URL にスイッチ」 ボタンをクリックします。アドレス http://www.nanonull.com/TimeService/TimeService.asmx?WSDL をダイアログのファイル URL フィールドに入力またはコピーします。

wsdl-tut-tserv3

 

2.「開く」 をクリックして WSDL ファイルをロードします。WSDL ファイルがテキストビューで表示されます。

 

3.メニューオプションから 「ファイル | 名前を付けて保存」 を選択し、ファイルをローカルに、例えば timeservice.wsdl という名前で保存します。
4.WSDL ビュータブをクリックして、ファイルをグラフィカルな WSDL エディターで表示します。

 

アクティブな WSDL ファイルに割り当てられたスキーマを閲覧する

timeservice.wsdl ファイルを WSDL ビューにてアクティブなドキュメントとして選択している場合、メニューオプションから 「WSDL | 型 | スキーマビューでスキーマを編集」 を選択します。この操作により timeservice.wsdl ファイルで使用されている全てのデータ型が定義されたスキーマが開かれます。スキーマの修正や、変更の保存を行うことができます。これらの変更は WSDL ファイルが再度分析される際に反映されます。

 


(C) 2018 Altova GmbH