SOAP デバッガーオプション

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > WSDL と SOAP > SOAP > SOAP デバッガー >

SOAP デバッガーオプション

SOAP デバッガーオプションダイアログ (スクリーンショットを参照) によりコンピュータのアドレスと下にリストされる他のデバッガーオプションを指定することができます。 SOAP | SOAP デバッガー オプションメニューコマンドを選択し、SPS デバッガー オプション ダイアログを開きます

soap-debug-opt

コンピューターのアドレス: デバッガーが実行されるプロキシのサーバーのアドレス。プロキシサーバー上のデバッガーは、 ネットワーク上のマシンのリクエストを受け、 Web  サービスに送信します。 デバッガーは、 XMLSpy 内で作動するため、 XMLSpy がインストールされているマシンがプロキシサーバーとして作動します。 マシンの IP アドレスは、自動的に検出され、このフィールドに入力されます。 IP アドレスが自動的に検出されない場合、このフィールドに IP アドレスを ( http アドレスとして) 入力します。コンピューターの IP アドレスを検出するには、 コマンドプロンプトウィンドウを開き、コマンド ipconfig /all を入力して、 「Enter」 を押します。
タイムアウト: タイムアウトの値は、SOAP デバッガーがブレークポイントにて待機する時間として使用されます。デフォルトのタイムアウト値は 5 秒です。
入力ヘルパーを閉じる; プロジェクト/情報ウィンドウを閉じる: このオプションによりインターフェイスの SOAP デバッガー ウィンドウにより多くの表示領域を割り当てることができます。

 


(C) 2018 Altova GmbH