WSDL と SOAP

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル >

WSDL と SOAP

Altova ウェブサイトAltovaWebLink WSDL エディター

このセクションでは XMLSpy の WSDL ならびに SOAP 機能を説明します。

 

WSDL

WSDL ドキュメントは、ウェブサービスの記述を行う XML ドキュメントです。XMLSpy では WSDL 1.1 ならびに WSDL 2.0 がサポートされ、WSDL ビューにて WSDL 1.1 ならびに 2.0 ドキュメントの作成や編集を行うことができます。WSDL ビューでは、WSDL のバージョンに関係なく、適切な編集環境が提供されます。

 

XMLSpy の WSDL ビューでは、グラフィカルな構築ブロックを使用しながら WSDL ドキュメントの構築を行うことができ、作成作業の大幅な簡易化を行うことができます。WSDL ビューに関する記述は編集ビューの対応するセクションを参照ください。WSDL ドキュメントの作成方法に関しては、このドキュメント内の WSDL チュートリアルを参照ください。WSDL ドキュメントの閲覧や編集はテキストビューならびにグリッドビューで行うことができます。両方のビューで、WSDL ドキュメントは通常の XML ドキュメントとして扱われます。

 

WSDL ビューで表示される WSDL ファイルに対する XML 署名は独立したファイルとして作成することができ、WSDL ファイル内に含めることができます ("enveloped")。署名の詳しい使用方法については、XML 署名のセクションを参照ください。

 

SOAP

SOAP は XML のメッセージ交換プロトコルで、アプリケーション間のメッセージ交換に使用されます。XMLSpy では、XML ドキュメントの編集機能を搭載したテキストビューグリッドビューにて SOAP ドキュメントを作成、編集できるだけでなく、WSDL ファイルから SOAP リクエストファイルを作成することもできます。WSDL ファイルから SOAP リクエストファイルを作成する方法は WSDL チュートリアルに記載されています。(SOAP メニューのコマンドを使用することで)XMLSpy は SOAP リクエストの送受信を行うことができます。更に、このセクション内のサブセクションで解説される XMLSpy の SOAP デバッガーを使用することで SOAP リクエストのデバッグを行うこともできます。

 


(C) 2019 Altova GmbH