新規 XML ファイルの作成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XMLSpy チュートリアル > XML ドキュメント >

新規 XML ファイルの作成

XMLSpyにて新しい XML ファイルを作成する際、スキーマ(DTD または XML スキーマ)をベースにしたものにするかどうか決定することができます。このセクションでは、既に作成した AddressLast.xsd スキーマをベースにした新しいファイルを作成します。

 

新しい XML ファイルを作成するには:

 

1.メニューオプションから 「ファイル | 新規作成」 を選択します。新規ドキュメントを作成ダイアログが開かれます。

tut_35a

2.ダイアログから Extensible Markup 言語 Extensible Markup 言語 エントリを選択し、「OK」 で確定します。ポップアップが表示され、XML ドキュメントのベースに DTD またはスキーマを使用するか尋ねられます。

tut_35b

3.スキーマラジオボタンをクリックし、「OK」 で確定します。次のダイアログが表示され、XML ドキュメントのベースとなるスキーマファイルを選ぶように促されます。
4.参照もしくはウィンドウボタンを使用して、スキーマファイルを見つけます。ウィンドウボタンを使うことで XMLSpy にある全てのファイルとプロジェクトを閲覧することができます。AddressLast.xsd を選択し(チュートリアルのイントロダクションを参照ください)、「OK」 により確定します。スキーマで定義された要素を含む XML ドキュメントがメインウィンドウで開かれます。
5.「グリッド」 タブをクリックし、グリッドビューを選択します。
6.グリッドビューに表示されるドキュメントの構造に注目してください。要素をクリックして選択を狭めてみてください。ドキュメントは以下のように見えているはずです。

tut_36a

7. Address の横にある ic_expand_elem アイコンをクリックして、Address の子要素を表示します。ドキュメントは以下のようになるはずです。

tut_36b

 


(C) 2018 Altova GmbH