スキーマドキュメンテーション

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XMLSpy チュートリアル > XML スキーマ:XMLSpy の機能 >

スキーマドキュメンテーション

XMLSpy を使って XML スキーマの詳細な文章を HTML や Microsoft Word (MS Word)の形式で生成することができます。ドキュメントに収めたいコンポーネントと希望する詳細度を選択します。関連するコンポーネントは HTML や MS Word ドキュメントなどでハイライトされます。MS Word ドキュメントを生成するためには、お使いのコンピューター(またはネットワーク)に MS Word がインストールされている必要があります。

 

このセクションでは、 AddressLast.xsd XML スキーマのドキュメンテーションを生成します。

 

以下を行います:

 

1.メニューオプションの 「スキーマ設計 | ドキュメンテーションの生成」 を選択し、スキーマドキュメントダイアログを表示します。

schema-doc-ge4ndbox

2.出力書式に HTML を選択し、「OK」 をクリックします。
3.「名前を付けて保存」ダイアログにて、ファイルが保存される場所を選択し、ファイルの名前を入力(例えば AddressLast.html)します。「保存」ボタンを押してファイルを保存します。

 

XMLSpy のブラウザービューに HTML ドキュメントが表示されます。表示されているリンクをクリックして、対応するコンポーネントに移動します。

tut_31ar4

上の図は HTML フォームの最初のページを示しています。他のスキーマのコンポーネントが含まれている場合、それらのスキーマもドキュメントの中に加えられることになります。

tut_32ar4

上の図は複合型がどのように表示されるか示しています。

tut_33ar4

上の図は要素や単純型がどのように表示されるか示しています。

 

MS Word 出力オプションも試してみてください。Word ドキュメントが MS Word で開かれます。MS Word ドキュメントでハイパーリンク機能を使いたい場合、「Ctrl」 キーを押下しながらリンクをクリックしてください。

 


(C) 2018 Altova GmbH