XML スキーマ: 高度な機能

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XMLSpy チュートリアル >

XML スキーマ: 高度な機能

今までの作業で基本的なスキーマが作成されました。これからスキーマの開発における高度な機能に進んでいきます。

 

 

目的

このセクションでは、以下のことを学習します:

 

 

スキーマの要素としても使用できる複合型ならびに単純型の扱い方
グローバル要素 を作成し、他の要素からの参照を行う
属性とその列挙値を含むプロパティーを作成する

 

このセクションでは、直前のパートで作成した AddressFirst.xsd スキーマからスタートします。

 

このセクションで使用されるコマンド

このセクションではスキーマビューだけを使用します。以下のコマンドが使われます:

 

ic_component

ダイアグラム表示(またはコンテンツモデルビュー表示)。このアイコンはスキーマ概要にある全てのグローバルコンポーネントの左側に配置されています。このアイコンをクリックすることで、対応するグローバルコンポーネントのコンテンツモデルを表示します。

ic_back2global

全てのグローバルを表示。このアイコンはコンテンツモデルビューの左上に配置されています。このアイコンをクリックすることで、全てのグローバルコンポーネントを表示するスキーマ概要に移動します。

ic_schem_app

追加アイコンはスキーマ概要の左上に配置されています。このアイコンをクリックすることでグローバルコンポーネントの追加を行います。

 


(C) 2018 Altova GmbH