コンテンツモデルビューの構成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XMLSpy チュートリアル > XML スキーマ:基本 >

コンテンツモデルビューの構成

そろそろコンテンツモデルビューの設定を行っても良いでしょう。コンテンツモデルビューを要素ボックスに、その要素が持つ型が表示されるように設定します。コンテンツモデルビューの設定を行うには:

 

 

1.コンポーネントのコンテンツモデルビューを選択します(ダイアログ表示アイコン ic_schem_part をクリックします)。
2.メニューオプション 「スキーマ設計 | 表示設定」 を選択します。スキーマ表示設定ダイアログが表示されます。

schema_view_config

3.(Element タブにある)追加アイコン ic_schem_app をクリックして、要素ボックスに対するプロパティの表示レコードを追加します。
4.ドロップダウンメニューから、type を選択します(またはフィールドをダブルクリックして "type" と入力します)。これで各要素のデータ型がコンテンツモデルビューで表示されるようになります。
5.記述行設定では、「値の無い行を隠す」 を選択します。これで要素の値が無い場合、データ型の記述子が要素ボックスに表示されなくなります(例えば、要素が複合型の場合などです)。

configured_view_1

xs:string という記述子が Name、 Street、そして City 要素に表示されているのに対して、複合型の要素には無いことに注目してください。これは値の無い行を隠すオプションが有効になっているためです。

6.記述行設定グループで、「常に行を表示」ラジオボタンを選択します。
7.「OK」 をクリックして変更を確定します。

configured_view_2

データ型の記述子が常に(値を持たない複合型の要素ボックスでも)表示されていることに注目してください。

 

メモ:

 

プロパティの表示レコードは編集することができ、そこで入力された値が要素定義の一部になります。
スキーマ表示設定ダイアログで行った設定はスキーマドキュメンテーション出力や印刷時の出力にも適用されます。

 


(C) 2018 Altova GmbH