RaptorXML Server

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル >

RaptorXML Server

Altova RaptorXML Server が、インストールされ、ネットワーク上でライセンス与えられており、 XMLSpy のインストールにアクセスが与えられている場合、 XML および XBRL* ドキュメントを検証し、 XSLT と XQuery の変換. の実行をするために、 RaptorXML Server ( RaptorXML または Raptor と以下省略されます) を使用することができます。 XMLSpy プロジェクト フォルダー内のアクティブなドキュメント または すべての ドキュメントを検証することができます。 検証の結果 は、メッセージウィンドウの GUI に表示されます。

 

XMLSpy を使用して以下を行うことができます (i) ドキュメントの検証 (ii) XMLSpy のエンジンまたは RaptorXML Server を使用して、 XSLT/XQuery の変換の実行。 Raptor を使用する利点の一つは、広範囲に及ぶ検証の個別の検証を構成できることです。 更に、 Raptor オプション のセットを XMLSpy 内の"構成"として、保管することができ、特定の Raptor 検証のための構成を選択します。 Raptor の使用は、大きなデータコレクションを検証する際にとても役に立ちます。

 

メモ:実際のパフォーマンスは、検証のために RaptorXML Server により使用される PC プロセッサーコアの数によります。使用するコア数が多いほど、処理は速くなります。

 

*メモ:Raptor には、2 つのエディションがあります。: (XML 検証のための) RaptorXML Server  および (XML および XBRL 検証のための) RaptorXML+XBRL 。XBRL ドキュメントを検証する場合は、 RaptorXML+XBRL Server を使用します。 RaptorXML(+XBRL) Server の詳細に関しては、 Altova Web サイト およびユーザーマニュアル: RaptorXML Server および RaptorXML+XBRL Server を参照してください。

 

RaptorXML Server を使用して検証または変換する方法

RaptorXML Server を使用して、 XML または XBRL ドキュメントを検証、または、 XSLT や XQuery 変換を実行するには、XMLSpy は、サーバーへのアクセス方法、検証のため Raptor にパスするオプションなどの使用する RaptorXML Server についての情報を必要とします。XMLSpy 内でこの情報は以下のとおり管理されます:

 

1.Raptor サーバーのプールにサーバーを追加する . このステップでは、, RaptorXML Servers が、プールに追加され、 XMLSpy 内に補完されている各サーバーの情報にアクセスすることができます。各サーバーは、名前により識別されています。
2.各 サーバーのための構成の定義. 構成は、 Raptor 検証 オプションのセットです。各サーバー は、複数の構成を持つことができます。検証に関しては、構成を1つ選択すると、選択された構成がアクティブな構成になります。
3.検証に使用する サーバー 構成 の選択 。サーバーとその構成をアクティブな 構成に選択します。 アクティブな構成は、後のすべての検証で使用されます。
4.検証 または Raptorを使用して XSLT/XQuery 変換の実行

 


(C) 2018 Altova GmbH