演算子

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > JSON と JSON スキーマ > JSON スキーマビュー >

演算子

以下の4つの 演算子が存在します: (i) allOf、 (ii) anyOf、 (iii) oneOf、 および (iv) not。 演算子は、下に説明されるように有効性の条件を指定します。 任意の定義に演算子を追加することができます。 演算子 サブメニューにアクセスするには、演算子を追加する定義を右クリックして、「子の追加 | 演算子」 を選択します (下のスクリーンショット参照)。

JSONDVContextMenuExp01

これらの演算子は、検証を成功するための条件を以下のように定義します:

 

演算子

アイコン

詳細

JSONAllOfIcon

All Of

値は、演算子の子として追加された1つまたは複数のサブスキーマ(定義)の配列です。 インスタンスは、配列内のすべての定義に対して有効な場合有効です。

JSONAnyOfIcon

Any Of

値は、演算子の子として追加された1つまたは複数のサブスキーマ(定義)の配列です。インスタンスは、配列内の1つまたは複数の定義に対して有効な場合有効です。

JSONOneOf

One Of

値は、演算子の子として追加された1つまたは複数のサブスキーマ(定義)の配列です。 インスタンス配列内の1つの定義に対して有効な場合有効です。

JSONNotIcon

Not Of

値は、演算子の子tとして追加されサブスキーマ (定義)たです。インスタンスは、与えられた定義に対して無効な場合有効です。

 

下のスクリーンショットは、3つの サブスキーマ (定義)の配列を子として持つ All Of 演算子を表示しています。 インスタンスを有効にするには、(ドキュメント構造のこの箇所で) 3つのサブスキーマ定義の1つに一致する1つの JSON データ構造を持つ必要があります。

JSONAllOfExample

 


(C) 2018 Altova GmbH