JSON スキーマビュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > JSON と JSON スキーマ >

JSON スキーマビュー

JSON スキーマビューは、 JSON スキーマドキュメントを閲覧し編集するために使用することができます。JSON スキーマビュー ウィンドウの主な部分は以下のとおりです:

 

定義概要グリッドデザインビュー間を切り替えるメイン ウィンドウ
3 つの 入力ヘルパーウィンドウ (メインウィンドウの右側にデフォルトで表示されます): 概要、詳細、制約
メッセージウィンドウ (メインウィンドウの下にデフォルトで表示されます)
情報ウィンドウ (アプリケーションウィンドウの左側にデフォルトで表示されます)

 

下のスクリーンショットは、 メインウィンドウ および概要入力ヘルパーを表示しています。

JSONSchOview01

 

メインウィンドウ

メインウィンドウ は、 定義概要グリッド (上のスクリーンショットに表示) と デザインビュー (下のスクリーンショット) を切り替えます。 定義概要グリッドは、現在のドキュメントの("ドキュメントスキーマ"としてリストされている) メインスキーマを表示し、またスキーマに追加する定義を表示します。 (定義は、 JSON データ構造の詳細です。上のスクリーンショットでは、 object_01 および array_01 がそれぞれオブジェクトと配列の定義です。) 定義は、概要入力ヘルパー でもリストされています(上のスクリーンショット参照)。

 

定義概要グリッドは、 JSON スキーマのハイレベルな表示を行いますが、概要内にリストされている定義の内容を表示しません。デザインビュー内の定義を確認して編集するには (下のスクリーンショット)、定義のアイコン (上のスクリーンショット参照) をクリックするか、または 概要入力ヘルパー内の定義をダブルクリックします (上のスクリーンショット参照)。

JSONSchViewCompDesView01

デザインビューから定義概要グリッドに切り替えるには、デザインビューの左上にある 「定義グリッドに切り替え」 アイコンをクリックします (上のスクリーンショット参照)。デザインビューを構成するには、メニューコマンド スキーマデザイン | 構成ビュー をクリックします。

 

入力ヘルパー

スキーマビューの2つのモード (定義概要グリッド と デザインビュー) には、3 つの 入力ヘルパーがあります: 概要、詳細、制約。 これらの 入力ヘルパー は以下のためのメカニズムが搭載されています: (i) スキーマとその定義に関する情報を表示 (ii) 定義に関連する情報と値の入力。詳細に関しては、入力ヘルパー: 概要、詳細、制約を参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH