グリッドビュー内の JSON  ドキュメント

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > JSON と JSON スキーマ >

グリッドビュー内の JSON  ドキュメント

グリッドビュー により、 JSON ドキュメント (JSON インスタンス/スキーマ または、 Avro スキーマ) の構造をグリッドで確認することができ、構成されたテキストのブロックを再構成することができます。これにより、特に長く複雑に構成されたドキュメントの場合、テキストビューで必ず使用できるとも限らない、概要と編集機能が与えられます。 JSON ドキュメントの場合、そのような複雑性は、他の配列とオブジェクトで複数のレベルにおよびネストされている配列とオブジェクトのフォームで出現する可能性があります。 例えば、 (テキストビューに表示されると同様)下にリストされる JSON テキストおよびグリッドビューでの表示を比較する場合 (更に下のスクリーンショットで表示されています)。

 

メモ:Avro スキーマは、 Enterprise Edition のみでサポートされています。

 

Click to expand/collapseテキストビュー内にリストされる JSON コード

{

  "web-app": {

  "servlet": [

    {

        "servlet-name": "altovaCDS",

        "servlet-class": "org.altova.cds.CDSServlet",

        "init-param": {

        "configGlossary:installationAt": "Philadelphia, PA",

        "configGlossary:adminEmail": "ksm@pobox.com",

        "configGlossary:poweredBy": "Altova",

        "configGlossary:poweredByIcon": "/images/altova.gif",

        "configGlossary:staticPath": "/content/static",

        "templateProcessorClass": "org.altova.WysiwygTemplate",

        "templateLoaderClass": "org.altova.FilesTemplateLoader",

        "templatePath": "templates",

        "templateOverridePath": "",

        "defaultListTemplate": "listTemplate.htm",

        "defaultFileTemplate": "articleTemplate.htm",

        "useJSP": false,

        "jspListTemplate": "listTemplate.jsp",

        "jspFileTemplate": "articleTemplate.jsp",

        "cachePackageTagsTrack": 200,

        "cachePackageTagsStore": 200,

        "cachePackageTagsRefresh": 60,

        "cacheTemplatesTrack": 100,

        "cacheTemplatesStore": 50,

        "cacheTemplatesRefresh": 15,

        "cachePagesTrack": 200,

        "cachePagesStore": 100,

        "cachePagesRefresh": 10,

        "cachePagesDirtyRead": 10,

        "searchEngineListTemplate": "forSearchEnginesList.htm",

        "searchEngineFileTemplate": "forSearchEngines.htm",

        "searchEngineRobotsDb": "WEB-INF/robots.db",

        "useDataStore": true,

        "dataStoreClass": "org.altova.SqlDataStore",

        "redirectionClass": "org.altova.SqlRedirection",

        "dataStoreName": "altova",

        "dataStoreDriver": "com.microsoft.jdbc.sqlserver.SQLServerDriver",

        "dataStoreUrl": "jdbc:microsoft:sqlserver://LOCALHOST:1433;DatabaseName=goon",

        "dataStoreUser": "sa",

        "dataStorePassword": "dataStoreTestQuery",

        "dataStoreTestQuery": "SET NOCOUNT ON;select test='test';",

        "dataStoreLogFile": "/usr/local/tomcat/logs/datastore.log",

        "dataStoreInitConns": 10,

        "dataStoreMaxConns": 100,

        "dataStoreConnUsageLimit": 100,

        "dataStoreLogLevel": "debug",

        "maxUrlLength": 500

      }

    }, {

        "servlet-name": "altovaEmail",

      "servlet-class": "org.altova.cds.EmailServlet",

      "init-param": {

        "mailHost": "mail1",

        "mailHostOverride": "mail2"

        }

    }, {

      "servlet-name": "altovaAdmin",

      "servlet-class": "org.altova.cds.AdminServlet"

    }, {

      "servlet-name": "fileServlet",

      "servlet-class": "org.altova.cds.FileServlet"

    }, {

      "servlet-name": "altovaTools",

      "servlet-class": "org.altova.cms.AltovaToolsServlet",

      "init-param": {

        "templatePath": "toolstemplates/",

          "log": 1,

          "logLocation": "/usr/local/tomcat/logs/AltovaTools.log",

          "logMaxSize": "",

          "dataLog": 1,

          "dataLogLocation": "/usr/local/tomcat/logs/dataLog.log",

          "dataLogMaxSize": "",

          "removePageCache": "/content/admin/remove?cache=pages&id=",

          "removeTemplateCache": "/content/admin/remove?cache=templates&id=",

          "fileTransferFolder": "/usr/local/tomcat/webapps/content/fileTransferFolder",

          "lookInContext": 1,

          "adminGroupID": 4,

          "betaServer": true

      }

    }

  ],

  "servlet-mapping": {

    "altovaCDS": "/",

    "altovaEmail": "/altovautil/aemail/*",

    "altovaAdmin": "/admin/*",

    "fileServlet": "/static/*",

    "altovaTools": "/tools/*"

  },

  "taglib": {

    "taglib-uri": "altova.tld",

    "taglib-location": "/WEB-INF/tlds/altova.tld"

  }

}

}

 

 

 

(上にリストされる) テキストビュー内のドキュメント構造を完成することは、時間をかけ慎重に確認する必要があります。(下のスクリーンショットの) グリッドビューでの構造は一目で確認することができます。

JSONGridView

更に、 構造は、簡単にオブジェクトを追加、削除、またはグリッド内でオブジェクトを移動させることで簡単に変更することができます。テキストの全体のブロックを(例えば、並べ替えまたは移動して)再編成することができます。コンテンツも同様にグリッドビューで編集することができます。 グリッドビュー内で構成されたテキストと作業する方法に関しては、 グリッドビューのセクションを参照してください。

 

自動補完

自動補完は、編集される JSON ドキュメント (JSON インスタンス/スキーマ または Avro スキーマ) がスキーマに関連する場合に有効化されます。

 

ドキュメントが JSON スキーマの場合、 自動補完は $schema キーワードにより指定されているスキーマバージョンをベースにしています。 詳細に関しては、JSON スキーマバージョン を確認してください。
ドキュメントが JSON インスタンスの場合、自動補完が有効化されるためには、 JSON スキーマがインスタンスに割り当てられていなければなりません 。 
ドキュメントが JSON フォーマットの Avro データドキュメントの場合、 自動補完が作動するためには、 Avro スキーマがインスタンスに割り当てられていなければなりません。 
ドキュメントが  Avro スキーマの場合、自動的に Avro スキーマのためのスキーマに関連付けられ、自動補完はこのスキーマをベースにします。

 

自動補完は、カーソルのロケーションで使用可能な入力オプションを提供します。これは以下により行うことができます (i) メインウィンドウ内のポップアップ、 (ii) 入力ヘルパーの使用 (下のスクリーンショット参照)。ポップアップと入力ヘルパーはそれぞれ、カーソルのロケーションで有効な入力のリストを表示します。ポップアップリストのエントリを閲覧するには、矢印キーを使用して移動します。 ポップアップウィンドウからエントリを選択、または、入力ヘルパー内のエントリをダブルクリックして挿入します。

JSONAutoCompPropsGV

上のスクリーンショットで表示されているインスタンスドキュメントでは、カーソルがプロパティの名前フィールドにポイントされると、ポップアップウィンドウと JSON プロパティ入力ヘルパーが表示されることを示しています。入力ヘルパーは、その時点でのすべてのプロパティを表示しています。既に入力されているプロパティは灰色で表示され無効化されています。ポップアップはその時点で使用することのできるプロパティを表示します。

 

他にも2つの入力ヘルパーがあります: JSON 値と JSON エンティティ (下のスクリーンショット)。これらはそれぞれ、文字列内のエスケープ文字のための許可されている key:value ペアとエンティティを表示します。 JSON 値入力へうパーは、 JSON スキーマを編集中に許可されている型キーワードを表示しています。 JSON エンティティ入力ヘルパー \u00FF 内の最後の入力は、ユニコード文字をあらわすプレースホルダです。青でハイライトされた部分を使用するユニコード文字で置き換えることができます。

JSONAutoCompEntryHelpers

他のコンテキストを考慮した自動補完のエントリまたはヒントは、スキーマ内で指定されている場合、以下を含みます:列挙、詳細、必要とされる発生とデフォルトの値。

 


(C) 2019 Altova GmbH