JSON と JSON スキーマ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル >

JSON と JSON スキーマ

JSON(ジェイソン、JavaScript Object Notation) は、軽量のデータストレージと JavaScript 構文を使用する交換形式です。また、 XML のように人間が判読できる、テキストのみの書式です。JSON テキストは、すべてプログラミング言語で読み込まれ、使用されることができるので、 広範囲におよび、特にウェブ上で、データ交換書式として使用されるようになりました。

 

IDE 機能の一部として、 XMLSpy は、JSON データ(インスタンスドキュメント)の編集および検証をサポートし、構文的にも、文法的にも正確な JSON スキーマドキュメントの作成をサポートします。

 

 

XMLSpy  は Avro と Avro スキーマのサポートを提供します。 

 

JSON5

ECMAScript 5 拡張を追加する JSON の拡張が JSON5 です(詳細に関しては json5.org を参照してください)。 JSON5 は、JavaScript の厳密なサブセットあり、新規の JSON データ型を追加せず、全ての既存の JSON コンテンツと作業することができます。

 

JSON インスタンスドキュメントのために使用することのできる、すべての XMLSpy 機能は、 JSON5 インスタンスドキュメントに対して使用することができます。しかしながら、JSON5 と JSON の間には以下の主要な違い、および、これら2種類のフォーマットを XMLSpy が扱う方法の違いが存在します:

 

JSON5 は JSON の公式な継承ではありません。このため、自身のファイル拡張子を使用しています: json5
デフォルトでは、 XMLSpy は、 .json ファイル拡張子を JSON インスタンス ドキュメントとして認識します。.json5 ファイル拡張子を持つインスタンスドキュメントを JSON5 インスタンス ドキュメントとして認識します。
JSON5 インスタンスドキュメントはJSON スキーマに対して検証することができます。 Avro インスタンスを表す、JSON インスタンス ドキュメントは、 JSON スキーマ と Avro スキーマに対して検証することができます。詳細に関しては、JSON ドキュメントの検証 を参照してください。

 

このドキュメント内では、 JSON インスタンスという用語は、 指定されない限り、 JSON と JSON5 インスタンス ドキュメントを指します。 次を参照してください: JSON5 と JSON 間の違い

 

XMLSpy 内の JSON、JSON スキーマ

JSON インスタンスと JSON スキーマ—の両方のドキュメントの型は、 JSON フォーマットで書かれており、有効性のために整形式の JSON ルールに準拠しなければなりません。(インスタンスとスキーマ) の両方のドキュメントは、通常、 .json  ファイル拡張子を持っています。JSON インスタンスは、テキストビュー と グリッドビューで編集することができ、JSON スキーマドキュメントをこれら2つのビュー、および、視覚的なスキーマビューである JSON スキーマビューで、編集することができます。

 

XMLSpy は、JSON インスタンス と JSON スキーマドキュメントとの作業のために以下をサポートしています:

 

テキストビュー には、構文の色分け、構文のチェック、 JSON スキーマの関連性がある場合のインスタンスドキュメント内の自動補完、余白の折り返し、構造マーキングなどの機能を使用して、有効な JSON インスタンスと JSON スキーマドキュメントの編集を素早く行うことができます。 テキストビュー には、インスタンスおよびスキーマドキュメントの検証が搭載されています。
グリッドビューには、ドキュメント構造を更にビュジュアル化するテーブルグリッド構造が搭載されています。グリッドビューで直接編集することができます。 切り替え可能な テキストビュー および グリッドビュー は、編集に関するニーズに応えます。 グリッドビュー には、インスタンス および スキーマドキュメントの検証が搭載されています。
テキストビュー および グリッドビュー 内の JSON インスタンス ドキュメント検証。 情報ウィンドウ 内で割り当てられた JSON  スキーマ に対して検証は実行されます。
JSON スキーマビュー は、 JSON スキーマをグラフィカルなレイアウトで表示します。 これにより、 JSON スキーマを素早く作成するためのドラッグアンドドロップ 機能を(テキスト入力に加え)使用することができます。ビュー内の入力ヘルパーは、編集入力を与えます。更に、スキーマの有効性が継続的にチェックされ、エラーが発生するとフラッグされます。

 

 

JSON インスタンス: 既存のインスタンスドキュメントを開き、新しいインスタンスドキュメントを作成する

 

「オプション | ファイルの型」 タブ内で、JSON/JSON5 インスタンスドキュメントを開くためのデフォルトのビュー(テキストビュー または グリッドビュー)を設定することができます。既存のJSON/JSON5 ドキュメントは、選択されたデフォルトのビューで開かれます。  テキストビュー と グリッドビュー をいつでも切り替えることができます。
新しい JSON または JSON5 インスタンスドキュメントを作成するためには、「ファイル | 新規作成」 をクリックして、json: JavaScript Object Notation または json5: JSON with ECMAScript 5 extensions. をそれぞれ選択します。任意で、新しいインスタンスファイルのための JSON 、または、(JSON5 ではなく JSON のための) Avro スキーマファイルを選択するように問われます。スキーマを割り当てるには、割り当ては情報ウィンドウ内で入力されます。 「オプション | ファイルの型」  タブ内の設定に従い、新規 インスタンスドキュメントは、テキストビュー または グリッドビューで開かれます。

 

 

JSON スキーマ:  既存の スキーマを開く、または、新しいスキーマを作成する

 

既存の JSON スキーマ ドキュメントを JSON スキーマビューで開きます。 テキストビュー または グリッドビュー にいつでも切り替えることができます。
新規 JSON スキーマ ドキュメントを作成するには、「ファイル | 新規作成」 をクリックして、 json: JSON スキーマ を選択します。ドキュメントの最初に $schema キーワードを持つ、新規 JSON スキーマ ドキュメントが JSON スキーマビューで開かれます。テキストビュー または グリッドビュー にいつでも切り替えることができます。

 

 

これら全てのビュー (テキストビュー グリッドビュー および JSON スキーマ) に関しては、このセクションのサブセクションで説明されています。

 

このセクション

このセクションは以下のトピックに整理されています:

 

JSON データについて は、 JSON ドキュメントの基本的情報について説明しています。
JSON スキーマについて は、 JSON スキーマ についてまたその作動について説明しています。
テキストビュー内の JSON  ドキュメント は、テキストビューの JSON に関連した機能と作業する方法について説明しています。
グリッドビュー内の JSON  ドキュメント は、グリッドビュー内の JSON ドキュメントの編集方法について説明しています。
JSON データ/ドキュメントの検証 は、JSON ドキュメント への JSON スキーマ の割り当てとJSON ドキュメントの検証について説明しています。
XSLT/XQuery を使用した JSON 変換 は XPath/XQuery 3.1 を使用してどのように JSON ドキュメントをクエリするかについて説明しています。
JSON インスタンスからの JSON スキーマ の生成 は、インスタンスからのスキーマの生成機能について説明しています。
JSON スキーマビュー は、ビューの JSON スキーマ編集機能および JSON プロジェクトを作成する際での使用方法について説明しています。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH