送信するリクエストのインポート

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > HTTP >

送信するリクエストのインポート

HTTP 出力ウィンドウ内で、Web Application Development Language (WADL) ファイルからリクエストをインポートし送信することができます。 これは XMLSpy の WADL インポートウィザードを使用しておこなうことができます。 ウィザードは WADL ファイルを開きファイルのリソースからリクエストを選択することにより、リクエストの編集することの出来るパラメーターを編集できるようにし、 HTTP 出力ウィンドウにインポートします。 以下をおこないます:

 

HTTP 出力ウィンドウ 内では、 WSDL 1.1、 WSDL 2.0、 または Web Application Development Language (WADL) ファイルからリクエストをインポートし、送信することができます。 これは XMLSpy の WSDL/WADL インポートウィザードを使用して行います。 ウィザードは WSDL または WADL ファイルを開き、ファイルの WSDL エンドポイント、または、 WADL リソースからリクエストを選択し、リクエストの編集可能なパラメーターを編集できるようにし、 HTTP 出力ウィンドウにリクエストをインポートします。以下を行ってください:

 

1.HTTP 出力ウィンドウ 内で、WSDL/WADL インポートウィザードを開始するために「インポート」ボタンをクリックします。
2.表示されるファイル選択ダイアログ内で、インポートするリクエストを含む WADL または WSDL ファイルを参照し 「OK」 をクリックします。 これにより WSDL/WADL ウィザードのインポートが開始されます (下のスクリーンショット)。

Click to expand/collapse

3.左側のペイン内で、(インポートするリクエストを含む)関連する WSDL エンドポイント、または、 WADL リソースを選択します。 (上のスクリーンショット参照)。
4.右側のペインでインポートする(WSDL オペレーション、または、 WADL メソッドである)リクエストを選択します (上のスクリーンショット参照)。 WSDL を使用してインポートする場合以下の点に注意してください : (i) HTTP インポートは SOAP と HTTP 拡張 のために提供されており、  (ii) サポートされるバインディング (SOAP と HTTP) がこの(右側の) ペイン内に表示されます。
5.「OK」 をクリックします。リクエストに1つまたは複数のパラメーターが含まれている場合、ウィザードの次のスクリーンは選択したリクエストのパラメーターを表示します (下のスクリーンショット) 。それ以外の場合、リクエストは HTTP 出力ウィンドウにインポートされ、ウィザードは閉じられます。下のポイント 7 を参照してください。 パラメーターはリクエストの一部です。検索リクエスト内では、例えば、1つのパラメーターが検索用語の場合があります。ウィザードはパラメーターの値をデータ型に対して検証し、3つの状態の1つを示します。 ピンクの背景は、無効な値を示し、ベージュの背景はリクエスト内に入力される無効な値を示し、白い背景は有効な値を示しています。

Click to expand/collapse

6.HTTP リクエストパラメータースクリーン内で、必要に応じてパラメーターの値を(値列に)入力し編集します (上のスクリーンショット)。パラメータ値の一部の編集は許可されていない場合があることに注意してください。パラメーターの使用を希望しない場合、有効化チェックボックスのチェックを解除して無効化します。この値のセルは編集できないように無効化されます。パラメーターの一部は必須であり、有効化チェックボックスはロックされ、チェックを解除することはできません。パラメーターの値を編集すると、出力 URI フィールド内でリクエストが作成されます。 パラメーターグリッドには、1つ、または、複数の行が(グリッドの下に)ヘッダーのために含まれています。これらのヘッダーは WADL ファイルから来ており、 WADL ファイル内の定義に従い定義が許可されている場合、これらの値をグリッド内で編集することができます。ヘッダーのまとめはウィンドウの下のヘッダーフィールドにリストされています。
7.「OK」 をクリックします。HTTP 出力ウィンドウ にリクエストがインポートされ、次の方法で表示されます: (i) メソッド リクエストの HTTP メソッドが表示されます。 (ii) URL は、リクエストパラメーターをベースにして構成されます。 (ii) リクエストの HTTP ヘッダーはヘッダータブに入力されます。(iv) POST または PUT リクエストがリクエストの場合、ボディタブ内にボディが入力されます。
8.設定を変更する必要があるかを確認するために設定タブをクリックします。
9.「送信」 をクリックしてリクエストを送信します。

 


(C) 2018 Altova GmbH