HTTP

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル >

HTTP

HTTP (ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル、略称 HTTP) はファイル (テキスト、イメージ、オーディオ、ビデオ、および他のマルチメディアファイル) のインターネット上での転送を定義する、プロトコール (または、ルールのセット) です。各 Web サーバーは HTTP リクエストを継続的に待ち、受信後に処理をする (デーモンとして知られる) プログラムを実行します。例えば、 Web ホームページを訪問すると、ブラウザーは Web サイトの Web サーバーのホームページをリクエストする HTTP コマンドを送信します。 サーバーの HTTP デーモンはリクエストを受信し、リクエストされたページを送信します。HTTP の重要なプロパティの1つは使用されません。 すなわち、前の、または、後のコマンドを参照することなく HTTP コマンドが個別に実行されることを意味し、状態が無いことを表します。

XMLSpy 内では、HTTP 出力ウィンドウ内で HTTP コマンドをテストすることができます (下のスクリーンショット)。Web サーバーに HTTP リクエストを作成、送信、受信し、更にレスポンスをチェックすることができます。

 

HTTP 出力ウィンドウのパーツ

HTTP 出力ウィンドウには9つのタブが存在します (下のスクリーンショット参照)。各タブ内に個別のリクエストを保管することができ、タブ間を切り替えることが出来ます。ウィンドウ内でリクエストを作成した後、「送信」ボタンをクリックしてリクエストを送信することができます。 レスポンスは直接ウィンドウ内に表示されます。

inc-XSEmptyHTTPWindow

ウィンドウは以下のパートにより構成されています:

上の部分: (i) 使用する HTTP メソッドを選択するコンボボックス。 (ii) Web サーバーの URL のための入力フィールド。 (iii)  HTTP リクエストの実行に関連したボタン (「送信」「インポート」、および 「リセット」)。
リクエストの作成のための左側のペイン
レスポンスの表示 のための右側のペイン

 

HTTP 出力ウィンドウの作動方法に関しては、このセクションのサブセクションで説明されています。

 


(C) 2018 Altova GmbH