XML ドキュメントの検証

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > 編集ビュー > テキストビュー >

XML ドキュメントの検証

XML | 検証 (F8) コマンド は、ドキュメントを関連した DTD、XML スキーマ、または、他のスキーマに対して検証します。 ドキュメントが妥当な場合、検証に成功したことを示すメッセージがメッセージウィンドウに表示されます。それ以外の場合、 左側のペイン内にエラーの原因が表示されます (下のスクリーンショットを参照してください)。左側のペインで原因が選択されている場合、使用できる場合は、右側のペインに表示されているスマートフィックスを使用します。 スマートフィックスの提案は、関連付けられたスキーマ内の情報をベースにしています。 スマートフィックスを適用するには以下を行います (i) ダブルクリックする、 (ii) 選択して、 フィックス または フィックス + 検証 オプションを選択します (下のスクリーンショットを参照してください)。

Click to expand/collapse

赤い四角はウィンドウの右側にあるスクロールバーの左横に表示されることに注意してください (上のスクリーンショットを参照)。スクロールバーは次の個別の2つの種類のマーカーを表示するためここで説明されています: (i) テキストの発生をハイライトする際に表示されるマーカー (茶色、スクロールバーの左側に表示されます)。次を参照: ドキュメント内の移動)。 (ii) テキストの発生の検索 (茶色。スクロールバーの左側に表示されます)。 (次を参照: 検索と置換)。

 

スマートフィックスがエラーのために使用できる場合、電球アイコンがエラーを生成するラインに表示されます (下のスクリーンショットを参照)。マウスをアイコンにポイントすると、使用することのできるスマートフィックスをリストするポップアップが表示されます (スクリーンショットを参照)。適用するフィックスを選択します。

TextViewValErrorSmartFix01

メモ:検証エラーのインジケーターとクイックフィックスは XMLSpy 内で検証されるドキュメントの型、例えば JSON ドキュメントなど、に対して使用することができます。

 

メモ:上記の検証エラーインジケーターとスマートフィックスは、 XML | 検証 (F8) コマンドが実行された場合のみ更新されますが、背景では更新されません。ですから、エラーを修正した後、検証 (F8) コマンドを再度実行し、エラーが修正されていることを確認してください。

 

XML ドキュメントの検証に関する詳細は、以下を参照してください: 検証 コマンド。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH