テキストビューでの編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > 編集ビュー > テキストビュー >

テキストビューでの編集

以下のテキスト編集機能は一般的な全ての種類のドキュメントに対して使用できるテキストビュー内の機能です。これらの機能は(「編集」 メニュー以下にある)切り取りコピー貼り付け削除、そしてすべて選択の様な編集の為の一般的な機能とは異なるものです。

 

構文の色分け
インテリジェント編集
自動補完
開始タグと終了タグのマッチ
同じ階層で要素を移動させる
要素全体を選択し親要素に移動する
ドラッグアンドドロップとコンテキストメニュー
制限無しに元の状態に戻す
スペルチェック

 

XMLXQuery などの)ドキュメントの種類によっては、更に独自の機能が利用可能です。これらの機能については、それぞれ対応するドキュメントの種類に関するセクションで記述されています。

 

メモ:大きなファイルに関しては、速いロードと編集のため自動補完と入力ヘルパーが無効化されます。ファイルのサイズの敷居はユーザーにより指定することができます。更に詳しい情報に関しては、「オプション | 編集」を参照してください。

 

構文の色分け

構文の色分けはテキストが持つ意味によって変化します。例えば、XMLドキュメントの場合、XMLノードが要素、属性、コンテンツ、CDATAセクション、コメント、またはXML処理命令であるかによって、ノード名に(そして場合によってはノードのコンテンツも)異なる色が付けられます。ドキュメントは3つのグループに分けられています: (i) 一般的なXML(HTMLを含む); (ii) XQuery; そして (iii) CSS です。それぞれのグループの(構文の色を含む)テキストプロパティはオプションダイアログ( 「ツール | オプション」 )のテキストフォントタブにより設定できます。

。これは視覚的な編集のヘルプとしての役割を果たします。

 

インテリジェントな編集

スキーマをベースにしたXMLドキュメントを扱っている場合、XMLSpy のテキストビューで様々なインテリジェント編集機能を使用することができます。これらの機能を使用することで、現在編集しているコンテンツモデルに従った正しい要素、属性、または属性の値を素早く入力することができます。例えば、ある要素の開始タグを入力しようとしているときに、スキーマがその位置え許している要素の一覧がポップアップで表示されます(下のスクリーンショットを参照)。要素名を選択し、「Enter」 を押すことで開始タグにその要素名が入力されます。 また、開始タグが作成された後、終了タグが自動的に追加されます (下の 自動補完belowを参照してください)。

ref_p109a

ポップアップウィンドウは以下の場合にも表示されます:

 

カーソルが要素タグの間にあり、その要素に属性が定義されているときにスペースバーを押すと、使用可能な属性全てを含んだポップアップが表示されます。
カーソルが列挙の値を持つ属性の二重引用符(”)の中にある場合、表示されるポップアップには列挙値が表示されます。
終了タグの開始を表す </ を入力したとき、対応する要素の名前がポップアップに表示されます。
内容を持たない要素を空要素で記述しようとするか、 2 つのタグに囲まれた内容の無い要素を空要素に変換したい場合、要素の開始タグの最後にスラッシュを入力します(例: <element/)。空要素が作成されます。)

 

自動補完

テキストビューを使った編集の結果、整形式ではない XML やその他の(HTML の様な)マークアップドキュメントを作成してしまうことがあります。例えば、終了タグが漏れていたり、スペリングに間違いがあったり、構造的なミスマッチがあったりした場合です。 XMLSpy は自動的に要素の開始ならびに終了タグを完成し、要素の名前が入力されると同時に必須の属性も挿入されます。カーソルも自動的に開始と終了タグの中間に移動し、すぐに子要素やコンテンツを入力することができるようになっています: <img src="" alt=""> </img>

 

%XMLSPY%> は整形式の為に XML のルールを使用し、自動補完の為に妥当性を使用します。ドキュメントの構造に関する情報はそのドキュメントがベースにしているスキーマから取得されます(HTML や XSLT といったよく使用されるスキーマの情報は既に XMLSpy に組み込まれています)。自動補完はドキュメントの構造情報だけでなく、ドキュメント内に保存された値も参照します。例えば、XMLスキーマの列挙や注釈情報は自動補完により頻繁に参照されます。あるノードに対してスキーマ内で列挙が記述されていれば、そのノードが編集されるときにこれらの列挙情報が自動補完により表示されます。同様に、あるノードに対してスキーマ内に注釈が存在する場合、ノードがドキュメント内で入力されているときに、その注釈も表示されます(下のスクリーンショットを参照:First (given) name of personFirst 要素に対するスキーマの注釈になります)。

autocomplete

自動補完はオプションダイアログの編集タブ「ツール | オプション | 編集」)にて有効/無効化することができます。

 

開始と終了タグの一致

カーソルがマークアップ要素の開始もしくは終了タグの中をポイントしているとき、「Ctrl」 + E を押すことで選択を他のペアのメンバーに移動することができます。「Ctrl」 +E を繰り返し押すことで、開始タグと終了タグを切り替えることができます。この機能を使って、簡単に XML 要素の開始タブと終了タブを見つけることができます。 これは、 XML 要素のタグを開始と終了を検索するために役にたちます。更に、開始タグで、入力を始めると、開始と終了タグの名前が一致するか否かにより 要素の名前は異なる色でハイライトされます。これは視覚的な編集エイドとしての役割を果たします。色のハイライトは、オプションダイアログで設定することができます。開始タグ内で要素の名前を編集すると、自動的に終了タグが編集されます。

 

互いに相対する要素を移動する

カーソルが要素の中に位置しているとき、Alt+上矢印 またはを Alt+下矢印 押すことで、選択されている要素をその階層内で上か下に移動させることができます。

 

要素全体を選択し、親要素に移動する

カーソルが要素内に配置されている状態で 「Ctrl」 + 「Shift」 + E を押下することで、要素全体を選択することができます。Ctrl+Alt+E をクリックすると、親要素の開始タグがハイライトされます。両方のショートカットにより、ドキュメントの構成に対して相対的なカーソルの位置を素早く検索することができます。

 

ドラッグアンドドロップとコンテキストメニュー

ドラッグアンドドロップやテキストのブロックを他の場所に移動し、右クリックにより表示されるコンテキストメニューを使用して、(切り取りコピーペースト削除メールで送信、そして行/文字に移動などの)よく使われるコマンドにアクセスすることでもテキストの移動を行うことができます。

 

制限無しに元の状態に戻す

XMLSpy は全ての編集オペレーションに対して制限無しに元に戻す および やり直しを提供します。

 

スペルチェック

テキストビューでは、内蔵の言語辞書を使用することでドキュメントのスペルチェックを行うことができます。ユーザー辞書を作成することで、言語処理に含まれていない単語を加えることができます。詳細については、スペリングならびにスペルチェッカーのオプションコマンドを参照ください。

 


(C) 2019 Altova GmbH