GUI メカニズム

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > 編集ビュー > スキーマ ビュー > スキーマ概要 >

GUI メカニズム

グローバル コンポーネントは、トップレベルの xs:schema 要素の子として追加されます。グローバル コンポーネントはペイン上部にある 「追加」 アイコンまたは 「挿入」 アイコンをクリックし、追加するグローバル コンポーネントをメニューから選択することにより追加することができます (以下のスクリーンショットを参照)。

 

以下のスクリーンショットでは、XSD 1.1 モードで追加することのできるグローバル コンポーネントを左側に、XSD 1.0 モードで追加することのできるコンポーネントが右側に示されます (オーバーライドとデフォルト オープン コンテンツは XSD 1.1 の機能です)。

SchViewAddGlobalCompXSD11        SchViewAddGlobalCompXSD10

追加することのできるグローバル コンポーネントの数に制限はありません。スキーマ内に含まれているすべてのグローバル コンポーネントがスキーマ概要のテーブルに表示されます (以下のスクリーンショットを参照)。

SchemaOverview02

 

スキーマ概要での編集

スキーマ概要の編集機能に関する以下の点に留意してください:

 

 

スキーマ概要に表示されたリストはドラッグ アンド ドロップにより並び替えることができます。
キーボードの矢印キーと 「タブ」 キーを使用することで、ナビゲーションを行うことができます。
グローバル コンポーネントや属性、アサーション、同一性制約を切り取り/コピーして、別の位置やスキーマへ貼り付けることができます。
コンポーネントを右クリックすることで表示されるコンテキスト メニューにより、そのコンポーネントの注釈データを切り取り、コピー、貼り付け、削除することができます。
グローバル コメントやグローバルな注釈内で改行を入力するには、「Ctrl」 + 「Enter」 を押下してください。タブを入力するには、「Ctrl」 + 「タブ」 を押下してください。

 

スキーマ概要と関連するアイコン

 

ic_schem_app

グローバル コンポーネントの追加: グローバル コンポーネントのリストの最後に新たなグローバル コンポーネントを追加します。定義によりコンポーネントがドキュメントの最初に出現する必要のある場合、リストの最初に追加されます。

ic_schem_ins

グローバル コンポーネントの挿入: 選択されているコンポーネントの直前にグローバル コンポーネントを追加します。定義によりコンポーネントがドキュメントの最初に出現する必要のある場合、リストの最初に追加されます。

Sort

並び替え: コンポーネントの並び替えダイアログが表示され、実際に並び替えを行う前に、並び替えを行うための条件 (種類の前に名前で並び替えを行う、またはその逆) を指定することができます。以下の記述を参照ください。

ic_CommentLines

コメント: グローバル コメントの表示を複数行で行うのか、または 1 行で行うのかを指定することができます。以下にある記述を参照ください。

SViewIconShowContentModel

コンテンツ モデル ビューへの切り替え: コンテンツ モデルが含まれるグローバル コンポーネントにて表示され、グローバル コンポーネントのコンテンツ モデルがコンテンツ モデル ビューにて表示されます。

ic_back2global

グローバルの表示: コンテンツ モデル ビューにて表示され、クリックすることがでスキーマ概要が表示されます。

 

スキーマ概要とコンテンツ モデル ビューの切り替え

(複合型、要素宣言、モデル グループなどの) グローバル コンポーネントには、コンポーネント名の左側に 「コンテンツ モデル ビューへの切り替え」 アイコンが表示されます (上記にあるアイコンのリストを参照ください)。これにより、コンポーネントの構造とコンテンツが記述されるコンテンツ モデルを、これらグローバル コンポーネントに含めることができることが示されます。

 

このアイコンをクリックすることで、スキーマ概要から、そのグローバル コンポーネントのコンテンツ モデル ビューへの切り替えが行われます。その他のグローバル コンポーネント (注釈や単純型、属性グループなど) にコンテンツ モデルは含まれておらず、「コンテンツ モデル ビューへの切り替え」 アイコンも表示されません。コンテンツ モデル ビューでは、「グローバルの表示」 アイコンをクリックすることでスキーマ概要が表示されます。

 

グローバル コンポーネントの並べ替え

スキーマ概要ツールバーの並び替えアイコンをクリックすることで、グローバル コンポーネントの並べ替えを行うことができます (上記のアイコンリストを参照ください)。コンポーネントの並べ替えダイアログが表示され、並べ替え可能なすべてのグローバル コンポーネントを並べ替えるのか、または選択されたコンポーネントのセットだけを並べ替えるのか指定することができます。「Shift」 キーを押しながらクリックすることでコンポーネントの範囲を選択することができ、「Ctrl」 キーを押しながらクリックすることで、選択対象となるコンポーネントを追加することができます。

 

メモ:ドキュメントの最初に出現しなければならないグローバル コンポーネント (includeimport など) は並び替えの機能により影響を受けません。これらのコンポーネントは、並べ替えを行うことのできるグローバル コンポーネントの範囲に含まれません。

GlobalsSortComponents

並べ替えを行う範囲を選択した後には、アルファベット順で並べ替えを行うのか、またはコンポーネントの種類により並べ替えを行った後に名前による並べ替えを行うかを選択することができます。

 

並べ替えの順序はスキーマのテキストにより行われます。

 

グローバル コメント: 行の表示モード

グローバル コンポーネントは複数行のテキスト フィールド、または 1 行のテキスト フィールドに表示することができます (以下のスクリーンショットを参照)。

SchOviewMultilineComment

SchOviewSingleLineComment

これら 2 種類の表示モードを切り替えるには、スキーマ概要ペインの上部にある 「コメント」 アイコンをクリックして、目的のオプションを選択してください。コメントのテキスト内部に改行を入力する (そして複数行のコメントを作成する) には、「Ctrl」 + 「Enter」 キーを押下してください。コメントを 1 行で表示するモードの場合、カーソルを複数行コメントに移動させることで、複数行のコメントがポップアップで表示されます。

 


(C) 2018 Altova GmbH