コンテンツ モデル ビューでの編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > 編集ビュー > スキーマ ビュー > コンテンツ モデル ビュー >

コンテンツ モデル ビューでの編集

コンテンツ モデル ビューで編集を行う方法は、以下のカテゴリーにより説明されます:

 

コンテンツ モデル ビューの構成
属性、アサーション、同一性制約
コンテンツ モデル ビュー アイコン
コンテキスト メニューからの操作
キーボード ショートカットとドラッグ アンド ドロップ
コンポーネント プロパティ
注釈
コメントと処理命令
コンテンツ モデルのドキュメント化

 

コンテンツ モデル ビューの構成

スキーマ表示構成ダイアログ スキーマ設計 | 表示設定 では、スキーマ全体に対するコンテンツ モデル ビューの構成を指定することができます。構成のオプションに関する詳細については、ユーザー リファレンスにある ビューの構成」 セクションを参照ください。ここで行われる設定はスキーマ全体、そしてスキーマ ドキュメンテーションの出力と印刷の出力にも適用されることに注意してください。

 

属性、アサーション、同一性制約

コンポーネントの属性、アサーション、そして同一性制約は、コンテンツ モデル ビューの下部に表示される AAIDC ペインに、またはコンテンツ モデル ビューそのもの、つまり図の中に直接表示されます。後者の表示オプションは、スキーマ表示構成ダイアログやスキーマ設計ツールバーにある図の中に表示ツールバー ボタンからセットすることができます (以下のスクリーンショットを参照)。

ToolbarSchemaDesign

属性、アサーション、同一性制約の挿入ならびに編集方法については、属性、アサーション、同一性制約」 のセクションを参照ください。

 

コンテンツ モデル ビュー アイコン

 

ic_back2global

グローバルの表示: コンテンツ モデル ビューで表示され、スキーマ概要への切り替えに使用されます。

ic_add_predef_details

定義済みの詳細の追加: コンテンツ モデル ビューが表示されている際にスキーマ設計ツールバーで有効になります。コンポーネント内にある定義済みの詳細情報の表示を切り替えます。

icAttributesToggle

属性を図に表示: コンテンツ モデル ビューが表示されている際にスキーマ設計ツールバーで有効になります。属性の表示を図または属性タブで行うか指定します。

icAssertionsToggle

アサーションを図に表示: コンテンツ モデル ビューが表示されている際にスキーマ設計ツールバーで有効になります。アサーションの表示を図またはアサーション タブで行うか指定します。

icConstraintsToggle

制約を図に表示: コンテンツ モデル ビューが表示されている際にスキーマ設計ツールバーで有効になります。同一性制約の表示を図または同一性制約タブで行うか指定します。

icIDC

同一性制約の可視化: コンテンツ モデル ビューが表示されている際にスキーマ設計ツールバーで有効になります。同一性制約の情報表示を切り替えます。

 

コンテキスト メニューからの操作

コンテンツ モデル ビューにおける編集のいくつかは、コンテンツ モデル ビューで右クリックすることで表示されるコンテキスト メニューから行わます (以下のスクリーンショットを参照)。コンテンツ モデル ビューで指定された場所で許されている処理のコマンドだけが有効になります。操作は右クリックされたオブジェクトに対して相対的に行われます。例えば 「子の追加」 コマンドを選択すると、右クリックされたオブジェクトに対する子が追加されます。

ref_p103c

コンテキスト メニューから利用可能な操作のリストを以下に示します:

 

子コンポーネントとコンポジッターの追加: 「子の追加」 コマンドにはサブメニューが含まれています。サブメニューから目的のコンポジッターまたはコンポーネントを選択してください。

 

コンポーネントとコンポジッターの挿入/追加: 右クリックされたオブジェクトと同じ階層にコンポジッターまたはコンポーネントを挿入します。挿入 コマンドにより右クリックされたオブジェクトの前に、「追加」 コマンドによりその後へオブジェクトが新たに追加されます。

 

コンポジッターの変更: コンポジッターを右クリックして、モデルの変更 | <新たな種類のコンポジッター>を選択してください。

 

グローバル コンポーネントの作成: (i) 新規グローバルコマンドはコンテンツ モデル ビューのあらゆる場所からアクセスすることができます。サブメニューには新たに作成するグローバル コンポーネントを選択するためのメニューが収められています。(ii) グローバル コンポーネントとして作成することのできるオブジェクトを右クリックすると、コンテキスト メニューでグローバル化コマンドが有効になります。このコマンドを選択することで、コンテンツ モデル ビューにあるオブジェクトがグローバル コンポーネントとして作成され、オブジェクトそのものは、新たに作成されたグローバル コンポーネントへの参照となります。

 

出現定義の変更: 「省略可能」 ならびに 無制限 コマンドを組み合わせることで、コンポーネントの出現設定を (i) 「省略可能」 = 0 または 1、(ii) 「省略可能」 + 「無制限」 = 0 から無限、(iii) 「無制限」 = 1 から無限、(iv) なし = 1 のように指定できます (「省略可能」 によりコンポーネントの minOccurs 属性が、「無制限」 により maxOccurs 属性が影響を受けます)。

 

ローカルとグローバル 定義の切り替え: ローカル要素と同じ名前のグローバル要素が存在する場合、参照コマンドによりグローバル要素への参照と、ローカルの定義を切り替えることができます。

 

別のコンテンツ モデルへジャンプ: コンポーネントを右クリックして 定義へ移動を選択することで、そのコンポーネントのコンテンツ モデルへジャンプします (このコマンドは、コンテンツ モデルを含むコンポーネントに対してのみ有効化されます)。「Ctrl」 キーを押下しながらコンポーネントをダブルクリックしてもジャンプすることができます。

 

定義済みの詳細情報を編集: 定義済みの詳細が (スキーマ設計ツールバーの定義済みの詳細を追加アイコンにて) 図の中に表示されるようセットされている場合、編集コマンド以下のサブメニューに定義済みの詳細が表示されます。定義済みの詳細を選択することで、その値を図の中で編集することができます。

 

コンポーネントとコンポジッター注釈の作成: 注釈の編集 コマンドにより、コンポジッター/コンポーネントの下部に注釈を作成するための空間が作成されます (以下のスクリーンショットを参照)。この空間では注釈の入力と編集を行うことができます。注釈が既に存在する場合、コメントをクリックすることで注釈テキストがハイライトされ編集することができるようになります。既存の注釈テキストをダブルクリックすることでも編集を行うことができます。

annot1

XML スキーマ ドキュメントでは、コンポジッターまたはコンポーネントの annotation/ドキュメント 要素内部に注釈が作成されます。以下にあるドキュメンテーションに関する記述も参照ください。

 

インスタンス ノードの XPath をコピー: インスタンス ノードの XPath をコピー コマンドは、グローバル要素ならびにグローバルな複合型にて定義された要素と属性に対して有効になります。このコマンドにより、選択されたノードを指定するための XPath 条件式がクリップボードへコピーされます。path 条件式は、コンテンツ モデル ビューに現在表示されているグローバル コンポーネントから開始されます。

 

コンポーネントの検索と名前変更: すべての参照を検索 ならびに すべての参照とともに名前変更 コマンドはグローバル要素に対して有効になります。これらのコマンドは、アクティブなドキュメント、またはアクティブなドキュメントに関連するすべてのドキュメントにて選択されたコンポーネントの全出現を検索し、選択されたコンポーネントの全出現を名前変更します。

XSDFindRefsRenDlg

上のスクリーンショットでは、右クリックされたコンポーネントと、選択されたスコープ内におけるそのコンポーネントへの参照名が EMail に置き換えられます。詳細については「グローバルの検索と名前変更」を参照ください。

 

宣言と参照の並べ替え:並べ替え コマンドにより、選択されているすべてのコンポーネントまたは、選択されたコンポーネントの兄弟を並べ替えることができます。コンポーネントの並べ替えダイアログにて設定を行い、「OK」 をクリックしてください。

ContModViewSortComponents

「Shift」 または 「Ctrl」 キーを押下しながらクリックすることで、複数のコンポーネントを選択することができます。コンポーネント名とその種類を並び替えのキーとして使用することができます。

 

キーボード ショートカットとドラッグ アンド ドロップ

キーボードの 「Ctrl」 + C ならびに 「Ctrl」 + V ショートカットを使用することで、コンテンツ モデル ビュー内にある要素のコピーと貼り付けをそれぞれ行うことができます。構造的な理由からコピーや貼り付けが行えない場合、その旨のメッセージが表示されます。

 

その他にも、ドラッグ アンド ドロップにより (i) オブジェクトを図の別の場所へ移動、(ii) 属性などのコンポーネントを入力ヘルパーから図の中へコピーすることができます。

 

コンポーネント プロパティ

コンポーネントのボックス内に定義済みの詳細が表示されるようにコンテンツ モデル ビューが設定されている場合、図の中でこれら詳細情報を直接編集することができます。定義済みの詳細表示は、「定義済みの詳細を追加」 ツールバー アイコンをクリックすることで切り替えることができます (上記のアイコン リストを参照ください)。

 

表示設定がなされている場合、コンポーネントのプロパティを詳細入力ヘルパーで変更することで、その変更がプレースホルダ フィールドに反映されます。

 

 

注釈

XML スキーマの注釈は annotation 要素内部に含まれます。注釈には 2 つの種類があり、それぞれ annotation の子要素に含まれます:

 

 

ドキュメント 子要素: スキーマの編集者にとって有用な情報が含まれます。
appinfo 子要素: 処理を行うアプリケーションが使用することのできるスクリプトや情報を挿入することができます。

 

両方の子要素を含んだ annotation 要素の例を以下に示します:

 

<xs:element name="session_date" type="xs:dateTime" nillable="true">

  <xs:annotation>

    <xs:documentation>Date and time when interview was held</xs:documentation>

    <xs:appinfo source="http://www.altova.com/datehandlers/interviews">separator = :</xs:appinfo>

  </xs:annotation>

</xs:element>

 

 

コンテンツ モデル ビューでは、以下の操作により個々のコンポジッターやコンポーネントに対して annotation を作成することができます:

 

 

1.コンポジッターまたはコンポーネントを右クリックします。
 
annot1
 
2.コンテキスト メニューから、すべての注釈データ を選択します。注釈ダイアログ ボックスが表示されます (以下のスクリーンショットを参照)。その要素に対して注釈 (ドキュメント または appinfo) が既に存在する場合、ダイアログの対応する行に、それらの情報が表示されます。
 
annot4
 
3.appinfo 要素を作成するには、ダイアログの左上にある追加 BtnAdd または挿入 BtnInsert アイコンをクリックしてください。
4.新たに作成された行の種類フィールドから app オプションを選択してください。
5.ダイアログのコンテンツ ペインに、アプリケーションにより処理されるスクリプトや情報を記述します。
6.オプションとして、処理アプリケーションが参照することのできるソース URI を、ソース フィールドに入力することもできます。

 

コメントと処理命令

XML スキーマ ドキュメントが XMLSpy 内部にロードされるまたは変更されると、単純型ならびに複合型内にあるコメントと処理命令が、それらを含んでいるオブジェクトの最後部にまとめて移動されます。このような移動を望まない場合、コメントの代わりに注釈を使用する必要があります。

 

コンテンツ モデルのドキュメント化

スキーマに関する詳細なドキュメンテーションを HTML ならびに MS Word フォーマットで生成することができます。各グローバル コンポーネントに関する詳細なドキュメンテーションが生成され、目次ページに表示されたグローバル コンポーネントのリストから、個々のコンポーネントへ素早くアクセスすることができます。更に、関連する要素 (子要素や複合型など) もハイパーリンクにより参照され、要素から要素へのナビゲーションを簡単に行うことができます。スキーマのドキュメンテーションを生成するには、メニュー コマンドから スキーマ設計 | ドキュメンテーションの生成を選択してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH