コンテンツ モデル ビュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > 編集ビュー > スキーマ ビュー >

コンテンツ モデル ビュー

コンテンツ モデルはコンポーネントの構造とコンテンツから構成され、以下のコンポーネントにコンテンツ モデルは含まれます:

 

 

複合型
要素
モデル グループ
デフォルト オープン コンテンツ

 

スキーマ概要に示されたこれらのコンポーネントの左には、「コンテンツ モデル ビューへの切り替え」 アイコンが表示されます。

 

SViewIconShowContentModel

コンテンツ モデル ビューへの切り替え: コンテンツ モデルが含まれるグローバル コンポーネントにて表示され、コンポーネントのコンテンツ モデルをコンテンツ モデル ビューにて表示します。

ic_back2global

グローバルの表示: コンテンツ モデル ビューにて表示され、クリックすることでスキーマ概要が表示されます。

 

コンテンツ モデル ビューへの切り替えアイコンをクリックすることで、そのコンポーネントのコンテンツ モデル ビューが表示されます (以下のスクリーンショットを参照)。その他にも、スキーマ概要にて (i) コンポーネントを選択し、メニューから スキーマ設計 | 図の表示 オプションを選択するか、(ii) コンポーネンツ入力ヘルパー.にあるコンポーネント名をダブルクリックすることでもコンテンツ モデル ビューが表示されます。同時に開くことのできるコンテンツ モデル ビューは、スキーマごとに 1 つしかないという点に留意してください。コンテンツ モデルが表示されている場合、「Ctrl」 キーを押下しながら現在表示されているコンテンツ モデル内にあるコンポーネントをダブルクリックすることで、そのコンポーネントのコンテンツ モデルへジャンプすることができます。

 

コンテンツ モデル ビュー全般の説明

コンテンツ モデル ビューではコンテンツ モデルがツリーとして表示されます (以下のスクリーンショットを参照)。メニューの 「スキーマ設計 | 表示設定」 により表示されるスキーマ表示構成ダイアログでは、ツリーの外観を設定することができます。

tut_schema_diag

以下の点に留意してください:

 

コンテンツ モデル ツリーにはコンポジッターとコンポーネントの 2 種類あります。更に、属性、アサーション、同一性制約、オープン コンテンツをコンポーネントに接続されたボックス内に表示することもできます。
ツリーの各階層は、コンポジッターにより接続されます。コンテンツ モデルに含めることのできる階層の数に制限はありません。
オブジェクトを右クリックすることで表示されるコンテキスト メニューから、そのオブジェクトに対して相対的に他のオブジェクトに対してを追加することができます。
コンテンツ モデル内にあるコンポーネントは、ローカル コンポーネントとして定義またはグローバル コンポーネントを参照することができます。
ドラッグ アンド ドロップ機能によりオブジェクトを移動することができます。
キーボード ショートカットにより、オブジェクトをコピー (「Ctrl」 + C) または貼り付ける (「Ctrl」 + V) ことができます。
オブジェクトのプロパティは詳細入力ヘルパーならびに AAIDC ペインにて編集することができます。
コンポーネントの属性、アサーション、同一性制約はコンテンツ モデル ビュー下部にある AAIDC ペインに表示されます。属性と同一性制約は AAIDC ペインの代わりにコンテンツ モデルの図に表示することもできます。この表示オプションはスキーマ表示構成ダイアログにてセットすることができます。表示オプションはスキーマ デザイン ツールバーにある 「図に表示」 ボタンからもセットすることができます (以下のスクリーンショットを参照)。

ToolbarSchemaDesign

コンポーネントを右クリックして、コンテキスト メニューから コンポーネントの並び替え コマンドを選択することで、兄弟コンポーネントを並び替えることができます。ローカル名とコンポーネントの種類から並べ替えの優先順位を指定することができます。

 

これらの機能の詳細については、このセクションにあるサブセクションと、チュートリアルを参照ください。

 

「グローバルの表示」 アイコンをクリックするか、メニュー オプションの スキーマ設計 | すべてのグローバルを表示を選択することで、スキーマ概要が表示されます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH