Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストール

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > Eclipse 内の XMLSpy >

Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストール

Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストールする前に、以下が既にインストールされていることを確認してください:

 

XMLSpy Enterprise または Professional Edition。
Eclipse に必要な、バージョン 5.0 以降の Java SE 実行環境 (JRE 5.0)。 詳細については Eclipse のウェブサイトを参照ください。 XMLSpy のバージョン(32ビットまたは64ビット)と等しいバージョンの JRE(32ビットまたは64ビット)
Eclipse プラットフォーム4.6 / 4.7 / 4.8XMLSpy のバージョン(32-ビットトまたは64-ビット)と等しいバージョンの Eclipse(32ビットまたは64ビット)をインストールしてください。

 

これらがインストールされた状態で、XMLSpy Integration Package に収められている Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストールすることができます(下記を参照)。

 

Eclipse インストーラーを使用して、 Eclipse 4.5 をインストールした場合、XMLSpy の 32-bit と 64-bit バージョンを同じマシンで作動することができます。これは Eclipse インストーラーに搭載されており、 Eclipse (32-ビット と 64-ビット)の両方のバージョンを手動でインストールする場合には適用されません。

 

 

 

XMLSpy Integration Package

Eclipse 用の XMLSpy プラグインは XMLSpy Integration Package の中に含まれており、以下のように XMLSpy Integration Package のインストーラーからインストールすることができます:

 

1.XMLSpy (Enterprise または Professional Edition)、JRE、そして Eclipse が既にインストールされていることを確認してください(上記参照)。
2.Altova ウェブサイトコンポーネントダウンロードページから、XMLSpy Integration Package をダウンロード、インストールします。このインストールでは重要なステップが2つあり、それぞれステップ 3 と 4 で説明されます。
3.XMLSpy Integration Package のインストールでは、Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストールするかどうかを尋ねられます(以下のスクリーンショットを参照)。オプションにチェックを入れて、次へをクリックしてください。

Click to expand/collapse

4. その次に表示される(以下のスクリーンショットの)ダイアログにて、インストールウィザードにより Eclipse へ XMLSpy プラグインの統合を行う(自動)か、ご自身の手で(Eclipse GUI から)Eclipse 用の XMLSpy プラグインを統合することができます(手動)。

Click to expand/collapse

Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストールする前に、以下が既にインストールされていることを確認してください:

 

XMLSpy Enterprise または Professional Edition。
Eclipse に必要な、バージョン 5.0 以降の Java SE 実行環境 (JRE 5.0)。 詳細については Eclipse のウェブサイトを参照ください。 XMLSpy のバージョン(32ビットまたは64ビット)と等しいバージョンの JRE(32ビットまたは64ビット)
Eclipse プラットフォーム4.6 / 4.7 / 4.8XMLSpy のバージョン(32-ビットトまたは64-ビット)と等しいバージョンの Eclipse(32ビットまたは64ビット)をインストールしてください。

 

これらがインストールされた状態で、XMLSpy Integration Package に収められている Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストールすることができます(下記を参照)。

 

Eclipse インストーラーを使用して、 Eclipse 4.5 をインストールした場合、XMLSpy の 32-bit と 64-bit バージョンを同じマシンで作動することができます。これは Eclipse インストーラーに搭載されており、 Eclipse (32-ビット と 64-ビット)の両方のバージョンを手動でインストールする場合には適用されません。

 

 

 

XMLSpy Integration Package

Eclipse 用の XMLSpy プラグインは XMLSpy Integration Package の中に含まれており、以下のように XMLSpy Integration Package のインストーラーからインストールすることができます:

 

1.XMLSpy (Enterprise または Professional Edition)、JRE、そして Eclipse が既にインストールされていることを確認してください(上記参照)。
2.Altova ウェブサイトコンポーネントダウンロードページから、XMLSpy Integration Package をダウンロード、インストールします。このインストールでは重要なステップが2つあり、それぞれステップ 3 と 4 で説明されます。
3.XMLSpy Integration Package のインストールでは、Eclipse 用の XMLSpy プラグインをインストールするかどうかを尋ねられます(以下のスクリーンショットを参照)。オプションにチェックを入れて、次へをクリックしてください。

Click to expand/collapse

4. その次に表示される(以下のスクリーンショットの)ダイアログにて、インストールウィザードにより Eclipse へ XMLSpy プラグインの統合を行う(自動)か、ご自身の手で(Eclipse GUI から)Eclipse 用の XMLSpy プラグインを統合することができます(手動)。

Click to expand/collapse

 

Click to expand/collapse

7.インストール詳細画面にてインストールするアイテムを確認します。次へをクリックします。
8.表示されるライセンスのレビュー画面にて、使用条件の条項に同意します を選択し、完了ボタンをクリックしてインストールを行います(XMLSpy Enterprise または Professional Edition ライセンスに加えて XMLSpy プラグインのライセンスへ新たに同意する必要はありません)。

 

アイコンが表示されないなどの問題が発生した場合は、-clean フラグ付きで Eclipse を起動してみてください。

 

 

 

現在インストールされているバージョン

現在インストールされている XMLSpy プラグインのバージョンを確認するには、Eclipse のメニューオプションから「ヘルプ | Eclipse について」を選択します。そこから XMLSpy アイコンを選択してください。

 


(C) 2018 Altova GmbH