IIR の使用

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > DTD と XML スキーマ > SchemaAgent との連携 >

IIR の使用

XML スキーマでは、Import、Include、そして Redefine (IIR) ステートメントを使用することでスキーマをモジュール化することができます。各メソッドでは異なる名前空間が必要になります。IIR を行う際に必要となる項目は IIR を作成する際に SchemaAgent Client と XMLSpy により自動的にチェックされます。

 

インポート(Import)、インクルード(Include)、そして再定義(Redefine) (IIR)

スキーマコンストラクトを「挿入」するにはいくつか方法があります:

 

 

 

グローバル要素はコンポーネント入力ヘルパーから、(スキーマビューの)スキーマコンポーネントのコンテンツモデルに直接ドラッグすることができます。
新規要素や属性などを定義する際に自動的に開かれるリストボックスから、複合型や単純型のようなコンポーネントを選択することができます。
複合型の様なコンポーネントを作成、更新する際に、詳細入力ヘルパーからコンストラクトを選択することができます。

 

 

スキーマコンポーネントの組み込み

この例では ..\Tutorial フォルダーにある DB2schema.xsd ファイルを使用します。コンポーネント入力ヘルパーのグローバルタブをアクティブにします。

 

SchemaAgent Server スキーマにあるスキーマコンストラクトを使用するには:        

 

1.SchemaAgent サーバーに接続していることを確認します(SchemaAgent サーバーへ接続を参照)。
2.DB2schema.xsd ファイルを、この例のために(例えば) Altova-office.xsd という名前に変更します。

spy-client01

3.スキーマ概要に表示されている Altova 要素の ic_schem_part アイコンをクリックして、コンテンツモデルを表示します。
4.Altova 以下にあるシーケンスコンポジッターを右クリックして、メニューオプションから 「子を追加 | 要素」 を選択します。サーバーのパス上にある全てのグローバル要素を含んだリストボックスがこの時点で自動的に開かれます。

spy-client1

5.新たに作成した要素の名前を Altova-office として、「Enter」 で確定します。
6.詳細入力ヘルパーにある type コンボボックスをクリックして、OfficeType を選択します。

spy-client2

OfficeType の定義を選択するダイアログボックスが表れます。

spy-client3

7.OrgChart2.xsd を選択し、「OK」 で確定します。

spy-client4

8.「OK」 をクリックします。インポートコマンドが自動的に選択されます。Altova-office 要素に展開アイコンが表示されます。

spy-client3a

メモOrgChart2.xsd スキーマファイルがインポートされると、各スキーマのターゲット名前空間は異なるものと見なす必要があるため、詳細入力ヘルパーの type エントリは ns1:OfficeType に変更されます。インポートコマンドもスキーマに追加されます。

spy-client5

9.展開ボタンをクリックして、OfficeType コンテンツモデルを確認します。

spy-client6

10.F8 キーを押してスキーマを検証します。「スキーマは妥当です」というメッセージが表示されるはずです。

 

 

 

スキーマの整理:

 

1.コンテンツモデルの Division 要素を削除します。
2.概要へ戻るアイコン ic_back2global をクリックして、スキーマ概要へ画面を切り替えます。
3.以下のグローバル要素を削除します: DivisionPersonVIP

spy-client7

 

4.メニューオプションから 「スキーマ設計 | スキーマ設定」 を選択し、名前空間の設定が変更されていることを確認します。

spy-ins-construct5

 

 

ns1 プレフィックスが www.xmlspy.com/schemas/orgchart 名前空間に追加されています。(スクリーンショットにある)コンポーネント入力ヘルパーには ns1: 名前空間プレフィックスからインポートされた全てのコンストラクトが表示されます。

spy-client8

 

注意

XMLSpy を使って SchemaAgent Server コントロールを変更することで、SchemaAgent Server のパス上にある(変更されたスキーマを参照している)他のスキーマも自動的に更新されます。
作業中のスキーマが SchemaAgent Server パス上にある場合、入力ヘルパーで複製されたコンストラクト要素や単純型を(黒色と青色の違いにより)確認することも可能です。

 


(C) 2019 Altova GmbH