検索パス上のスキーマを開く

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > DTD と XML スキーマ > SchemaAgent との連携 >

検索パス上のスキーマを開く

この例では、SchemaAgent Server で定義された検索パス上にあるスキーマを開く方法を説明します。ここでは ..\Tutorial フォルダー以下にある DB2schema.xsd ファイルを、アクティブなスキーマとして使用します。コンポーネント入力ヘルパーのグローバルタブをアクティブにします。

 

 

1.コンポーネント入力ヘルパーにある青色で記された Company アイテムまで移動し、アイテムをダブルクリックします。定義へ移動ダイアログが開かれます。

spy-2x-click2

2.MFCompany.xsd エントリを選択して、「OK」 ボタンで確定します。これにより MFCompany.xsd スキーマが開かれ、Company 要素のコンテンツモデルが表示されます。

spy-2x-click3

メモ:要素や複合型、または単純型といった SchemaAgent スキーマコンストラクトをダブルクリックすることで、関連するスキーマ(そしてインクルードされた他のスキーマ)が XMLSpy で開かれます。

 


(C) 2018 Altova GmbH