SchemaAgent Server へ接続

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > DTD と XML スキーマ > SchemaAgent との連携 >

SchemaAgent Server へ接続

注意:接続を確立するためには SchemaAgent Client がインストールされている必要があります。

 

SchemaAgent Server に接続していない状態では、スキーマ設計メニューの SchemaAgent Server に接続コマンドのみが選択可能になっています。(以下のスクリーンショットにあるように)スキーマ設計メニューにあるその他の SchemaAgent コマンドは選択不可状態になっています。SchemaAgent Server への接続が確立されれば、その他のメニューアイテムも選択可能になります。

schema_agent_menu_grayed

 

接続方法

SchemaAgent サーバーへ接続するには、以下の操作を行ってください:

 

1.SchemaAgent Server に接続アイコン ic_connect_sa_server をクリック(または「スキーマ設計 | SchemaAgent Server に接続」)します。(以下のスクリーンショットにある)SchemaAgent サーバーに接続ダイアログが表示されます:

connect2saserver

 

2.ローカルサーバー(Altova SchemaAgent に同封されている SchemaAgent サーバー)またはネットワークサーバー(無料で利用することのできる Altova SchemaAgent Server 製品)を使用することができます。ローカルで作業を選択すると、SchemaAgent のローカルサーバーが起動され、接続が確立されます。ネットワークサーバーへ接続を選択する場合、選択された SchemaAgent Server が起動していなければなりません。

 

 

Windows XP SP2 上で動作しているサーバーについて

SchemaAgent Server の名前がリストに表示されているにも関わらず、接続することができない場合、サーバーがネットワークの名前解決処理を行っていない可能性があります。Windows XP SP2 ではファイヤーウォールにより名前解決をデフォルトでブロックしています。

 

このようなサーバーに接続するには、以下のうちどれかを行ってください:

 

 

 

サーバーの設定を変更して、名前解決を有効にする
ダイアログボックスの編集フィールドに IP アドレスを入力する

 

SchemaAgent Client には最後に成功した接続の接続文字列が保存されるため、この操作は1度だけ行う必要があります。

 

SchemaSchemaAgent  サーバーに接続後のスキーマビュー

 

 

SchemaAgent サーバーへの接続が確立された後は、スキーマビューの表示は以下のようになります:

spy-sc-available

以下の点に注目してください

 

グローバルビューの上部には「SchemaAgent Server と接続」という文字列が表示され、接続を確立したサーバー名が表示されます。
サーバー検索パス上にある全てのスキーマやスキーマコンストラクトへアクセスすることができるようになります。グローバル要素や複合型、または単純型といった SchemaAgent スキーマコンストラクトは、アクティブなスキーマの下に、太字の青いテキストで表示されます。

EH-const-in-spy1 EH-const-in-spy2

スキーマコンストラクトは、コンポーネント入力ヘルパーの対応するタブである型(グローバル)、名前空間、同一性制約から参照することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH