結果と情報

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > DTD と XML スキーマ > スキーマの中を検索 >

結果と情報

「検索」「全て検索」「置き換え」、または 「全て置き換え」 コマンドが実行されると、コマンド実行の結果が(以下のスクリーンショットにあるように)スキーマの中を検索ウィンドウに表示されます。検索された単語は緑色で表示されます(以下のスクリーンショットの例だと検索語の email が緑色で表示されます)。スキーマファイル内の位置も表示されていることに注目してください。

SchFRFindInSchWinResults

「全て検索」 または 「全て置き換え」 コマンドを使うと、ドキュメント内の出現箇所全てが表示されます。

 

メモウィンドウの上部にある検索や置き換えボタンを使えば、それぞれ検索、置き換えダイアログを表示させることができます。「次を検索」 ボタンを使えば、検索語が次に出現する箇所を特定することができます。

 

 

スキーマの内を検索ウィンドウの機能

検索などの結果は(1 から 9 までの番号が振られた)9 つの異なるタブの中に表示されます。例えばある検索結果を 1 つのタブに収めておき、別のタブで新たな検索をすることにより結果の比較を行うことができます。スキーマの中を検索ウィンドウの結果をクリックすることで、メインウィンドウのスキーマビューに表示されている関連するコンポーネントがハイライトされます。これらのナビゲーション機能により、目的のコンポーネントへ素早くたどり着くことができます。

 

スキーマの中を検索ウィンドウでは以下のツールバーコマンドを利用することができます:

 

「次」 ならびに 「前」 アイコンにより、現在選択されているメッセージの次(もしくは前)にあるメッセージが選択されます。
「メッセージをコピー」 コマンドにより、選択されたメッセージ、子を含む選択されたメッセージ、そして全てのメッセージをクリップボードにコピーします。
「検索」 コマンドによりスキーマの中を検索ウィンドウ内にあるテキストを検索します。
「クリア」 コマンドにより、現在アクティブなタブのメッセージが全て消去されます。

 


(C) 2018 Altova GmbH