コンポネート

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > DTD と XML スキーマ > スキーマの中を検索 >

コンポネート

コンポーネントの種類やターゲット名前空間により検索を行う対象を制限することができます。これらのオプションはコンポーネントタブから利用することができます。検索または置き換えダイアログにて 「詳細表示」 ボタンをクリックしてください。検索の対象を狭めるタブが開かれ、そのうちの1つが(以下のスクリーンショットに示される)コンポーネントタブになります。

SchFRComponentTab

コンポーネントタブは、(i) 検索を行うコンポーネントの種類と、(ii) 検索を行うターゲット名前空間という2つの部分から構成されます。

 

コンポーネントの選択

(上のスクリーンショットにあるように)テキストフィールドの右に位置している 「追加」 アイコン ic_add をクリックすることで、検索を行うコンポーネントの種類を選択することができます。この操作により(以下のスクリーンショットに示される)コンポーネント制約ダイアログが表示され、クリック操作で検索を行う対象コンポーネントの種類を選択することができます。リストの上部にある コンポーネント アイテムをクリックすることで全てのコンポーネントが選択され、再度クリックしてチェックを外すことで(個々に選択されたコンポーネントも含めて)全てのコンポーネントの選択を解除します。従って、各コンポーネントを個々に選択するには、コンポーネント アイテムの選択が解除されていなければなりません。選択されたコンポーネントはカンマ区切りでテキストフィールドに表示されます(上のスクリーンショットを参照)。

SchFRComponentRestriction

注意:        コンポーネントタブまたは検索、置き換えダイアログが再度開かれたとしても、前回のコンポーネント選択状態は保持されたままになります。

 

名前空間の選択

検索の対象とするターゲット名前空間を設定するには、「追加」 または 「挿入」 アイコンをクリックして、目的の名前空間を入力してください。ターゲット名前空間が指定されていない場合、全てのターゲット名前空間が選択されます。ペインに入力されたターゲット名前空間を削除するには、そのターゲット名前空間を選択して、「削除」 アイコンをクリックしてください。

 


(C) 2018 Altova GmbH