スキーマの中を検索

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > DTD と XML スキーマ >

スキーマの中を検索

XMLSpy の検索と置き換え機能をスキーマビューで使うことで、インテリジェントな検索を行うことができます。

 

スキーマビューの検索と置き換え機能は、スキーマファイルがスキーマビューにてアクティブになっている時に使用することができます。以下の2つの方法でこの機能にアクセスすることができます:

 

メニューコマンドから「編集 | 検索」や「編集 | 置換」 を選択する
スキーマの中を検索ウィンドウにある 「検索」 または 「置き換え」 ボタンを押下する

 

コマンドを選択またはボタンをクリックすることで、検索または置き換えダイアログが表示されます。検索ダイアログと比べると、(以下のスクリーンショットにある)置き換えダイアログには置き換えを行うテキストを表示するテキストフィールドが追加されています。

 

デフォルトの置き換えダイアログは以下のように表示されます:

SchFROviewMin

「詳細表示」 ボタンをクリックすることで、(以下のスクリーンショットにあるように)より詳細な検索を行うための条件が表示されます。

SchFROview

使用方法は以下のとおりです:

 

検索ならびに置き換えテキストフィールドにて検索、置き換えを行う単語を入力
コンポーネントタブにて検索するスキーマコンポーネントを指定
検索するコンポーネントのプロパティを指定して検索の対象を狭める
現在のドキュメント、プロジェクト、またはフォルダーを指定して検索の範囲をセット
コマンドの実行
スキーマの内を検索ウィンドウを使用してコンポーネントの素早いナビゲーションを行う

 

ダイアログ下部にある 「リセット」 ボタンにより、以下にあるようなデフォルト状態に設定を戻します:

 

検索語無し、置き換え語無し
コンポーネント:全て
名前空間:選択無し
プロパティの制約:どこでも
プロパティの追加制約:無し
スコープ:現在のファイル

 

メモ:置き換えフィールドにて正規表現はサポートされていません。

 


(C) 2018 Altova GmbH