DTD

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > DTD と XML スキーマ >

DTD

DTD ドキュメントはテキストビューならびにグリッドビューにて編集することができます。デフォルトで開かれるビューはオプションダイアログのファイルの型タブから設定することができます。

 

テキストビュー

テキストビューでは、ドキュメントは構文により色分けされています。以下は DTD の断片サンプルです。

 

<!-- Element declaration -->

<!ELEMENT document (header, para, img, link)>

<!ELEMENT header (#PCDATA)>

<!ELEMENT img EMPTY>

 <!ATTLIST img

   src CDATA #REQUIRED

 >

 

<!-- Notation Declarations -->

<!NOTATION GIF PUBLIC "urn:mime:img/gif">

 

インデントはインデントガイドにより表され、タブ キーにより入力することができます。インデントの大きさはテキストビュー設定ダイアログにてセットすることができます。

 

グリッドビュー

グリッドビューにおいて、DTD ドキュメントはテーブルとして表示されます。以下のスクリーンショットでは、上にある DTD をグリッドビューで表示したものです。

DTDGridView

カーソルがテーブルの行の中にある場合、または行が選択されている場合、XML メニューの DTD 編集コマンドが選択可能になります。グラフィカルに表示される DTD にてノードの挿入や追加、または子ノードの追加を行うことができます。特定の選択箇所で利用することのできる DTD アイテムは、XML メニューのサブメニュー(挿入追加子を追加)にて選択可能になります。選択された DTD アイテムを別のアイテムに変換し、アイテムを左右に移動することで、ドキュメント構造内の位置を変更することができます。ノードが選択されている場合、使用可能な DTD アイテムが入力ヘルパーにも表示されます。

 

XMLSpy の DTD 機能

XMLSpy には以下の非常に便利な機能が含まれています:

 

DTD を XML スキーマへ変換 「DTD/スキーマ | DTD/スキーマの変換」 コマンドにより、DTD を XML スキーマへ変換することができます。
DTD からサンプル XML ファイルを生成DTD/スキーマ | サンプル XML ファイルの生成」 コマンドにより、アクティブな DTD をベースにした XML ドキュメントを生成することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH