DTD と XML スキーマ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル >

DTD と XML スキーマ

Altova Web サイト: AltovaWebLink XML スキーマエディター

 

このセクションでは DTD ならびに XML スキーマに関する概要を説明します。SchemaAgent ならびにパワフルなスキーマの内を検索する機能についても解説されます。編集機能の他に、XMLSpy では DTD/スキーマに関する以下の機能が提供されます:

 

カタログメカニズム

OASIS カタログ機能により URI からローカルアドレスのリダイレクトが可能になり、複数のワークステーションにおける利用が促進されます。

 

スキーマルール

ユーザー定義の追加制約を XML スキーマに対して割り当てることができます。XMLSpy にはスキーマルールエディターが搭載されており、XML スキーマに対して、スキーマルールセットを作成、編集することができます。

 

スキーマサブセット

スキーマビューでは、巨大なスキーマのコンポーネントを、別のファイルとして作成することができます。これら(より小さな)スキーマサブセットを、大きなスキーマにインクルードすることもできます。また、スキーマのフラット化という名前の機能を使うことで、逆の操作を行い、インクルードされているファイル内にあるコンポーネントを、直接巨大なスキーマに取り込むことができます。スキーマのサブセットと、スキーマのフラット化に関する詳細な情報は、スキーマサブセットのセクションを参照ください。

 

DTD と XML スキーマ間の変換

DTD/スキーマ メニューを使用することで、DTD と XML スキーマ間の変換を行うことができます。使用方法などDTD がフラット化されている場合、含まれているインポートされたモジュールは親ファイルに直接保存され、使用されていないコンポーネントは削除されます。

 

サンプル XML ファイルの生成

「DTD/スキーマ | サンプル XML ファイルの生成」 メニューコマンドにより、アクティブな DTD や XML スキーマファイルをベースにしたスケルトン XML ドキュメントの生成を行うことができます。スキーマをベースにした XML ファイルを作成するにはとても便利な機能です。

 

定義へ移動

カーソルが XML ドキュメントのノード内に位置している場合、DTD/スキーマ | 定義へ移動メニューコマンドにより、スキーマファイルが開かれ、選択されている XML ノードの定義を行っている箇所がハイライトされます。

 


(C) 2019 Altova GmbH