データベース

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル >

データベース

XMLSpy を使えば様々なデータベース (DB) へ接続し、DB に対して問い合わせを行ったり、DB の構造を XML スキーマとしてインポート、DB から XML データファイルを生成し、DB へデータをエクスポートすることができます。DB に関連した各機能は XMLSpy のメニューコマンドから扱うことができ、詳細はユーザーマニュアルに記述されています。これらのコマンドの完全なリストを、対応する記述へのリンクと共に以下に記します。

 

このセクションは、以下のように構成されます:

 

データベースへの接続方法: XMLSpy の DB に関するコマンドを実行する際に必要なオペレーションを説明します。
テストにより XMLSpy で既に使用できることが確認されている DB のリストを示します

 

注意64ビット版の XMLSpy をお使いの場合は、DB への接続に使用されるデータベースドライバーも64ビットである必要があります。

 

XMLSpy の DB に関する機能

XMLSpy の DB に関する機能は 「DB」 ならびに 「変換」 メニューコマンドから利用できます。

 

データベースクエリの実行 「DB」 メニュー):DB の構造を別のデータベースクエリウィンドウにロードし、DB への問い合わせを行ないます。結果はデータベースクエリウィンドウに表示されます。
IBM DB2 「DB」 メニュー):IBM DB2 は XML DB で、XMLSpy により XML DB の XML スキーマ管理や、XML DB の編集ならびに検証を行うことができます。
Oracle XML DB 「DB」 メニュー):XML スキーマ管理、データベースの問い合わせ、そして DB スキーマをベースにした XML ファイルの生成など、Oracle XML DB に対する数多くの機能を提供します。
データベースのデータをインポート 「変換」 メニュー):DB データを XML ファイルへインポートします。
データベース構造から XML スキーマを作成 「変換」 メニュー):DB の構造をベースにした XML スキーマを生成します。
XML スキーマを元にデータベースをインポート 「変換」 メニュー): XMLSpy にて XML スキーマドキュメントがアクティブになっている状態で、DB の接続を確立し、選択された DB テーブルのデータをインポートします。その結果作成される XML ドキュメントは DB 接続を確立したときにアクティブになっている XML スキーマをベースとします。
XML スキーマを元にデータベース構造を作成 「変換」 メニュー):既存の XML スキーマの構造をベースにした、データを持たない DB テーブルが作成されます。
データベースへエクスポート 「変換」 メニュー):XML ドキュメントのデータを DB へエクスポートします。 XML データを使って既存の DB テーブルを更新するか、XML データを含んだ新しいテーブルを作成することができます。

 

データ型の変換

XML ドキュメントと DB 間のデータ変換を行うにあたり、データの型も対応する形式に変換する必要があります。XMLSpy によるデータ型の変換方法は付録の DBにより生成された XML のデータ型XML スキーマから生成された DB のデータ型 に収められています。

 

Altova DatabaseSpy

Altova の DatabaseSpy は複数のデータベースに対応した DB デザインツールで、XMLSpy にはない機能が提供されます。Altova DatabaseSpy に関する詳しい情報については、Altova ウェブサイトをご覧ください。

 


(C) 2019 Altova GmbH