Avro ビュー: Avro バイナリのグリッドビュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > Avro、Avro スキーマ >

Avro ビュー: Avro バイナリのグリッドビュー

Avro データをバイナリ フォーマット または JSON フォーマットにシリアル化することができます。バイナリ フォーマットは、Avro データ構造 と スキーマの両方を含み、自動化されたデータ処理の過程で生成されます。Avro バイナリは、簡単に閲覧できるテーブルフォーマット内の Avro データ構造を表示する、グリッドビューの Avro ビュー内で開くことができます (下のスクリーンショット参照)。 Avro ビューは、ですから、ユーザーが使いやすい Avro バイナリビューアーとしての役割を果たします。

AvroView01

以下の点に注意してください:

 

Avro バイナリは、 XMLSpy などにより識別される必要があります。これは、 「オプション | ファイル型」 タブで Avro バイナリのファイル拡張子を Avro 適合に設定して行うことができます。 デフォルトでは、ファイル拡張子 .avro は、 Avro に適合するように設定されています。 Avro バイナリ に適合するファイルの型を追加することもできます。これらのファイルは、 Avro ビューで開かれます。
2つのペインから構成され Avro ビュー: (i) ナビゲート用のブロック ペイン。および (ii) ブロックペイン内で選択するデータ構造を表示する データ ペイン。
ブロック ペインは、データブロックを 1000 のグループに整理します。それぞれのグループは、展開および折りたたむことができます。  データ ブロックは、インデックス番号別に表示されています。
特定のデータブロックを確認するには、ブロック ペイン内で検索し、ダブルクリックします。
ブロック ペイン は、スキーマと呼ばれるエントリを含みます。エントリの右横のボタンをクリックすると、 Avro スキーマが Avro バイナリから抽出され、新しいテキストビュータブで開かれます。 Avro スキーマを保存することもできます。

 

テキストの検索

テキスト文字列を検索するには、メニューコマンド 「編集 | 検索」 (Ctrl+F)を選択します。 表示されるダイアログに、検索用語をテキスト文字列、または、正規表現として入力します(下のスクリーンショット参照)。(ここ で説明されている)適用することのできるオプションを選択し、「全てをマークする」をクリックします。

AvroView02Find

ブロックデータ ペイン内で一致するエントリはハイライトされます: 現在選択されている項目は、深緑色で表示され、その他は薄い緑で表示されています。
ブロック ペイン 内では、各ブロック内の数は、エントリの横に表示された数と一致します。
一致する項目をブロックごとに確認、ブロック内のフィールドを選択して、または、 F3 (編集 | 次を検索) と Shift+F3 (前を検索) を使用してナビゲートできます。
Avro ビューは読み取り専用です。 Avro バイナリ内のデータを編集することはできません。

 


(C) 2019 Altova GmbH